静夜思

愁多酒雖少 酒傾愁不来

≪ 原発避難生徒へのイジメ ≫  全てオカシイぞ!  加害/被害生徒 双方の親は何をしていたのか? なぜ責めない?

2017-02-13 18:41:47 | つぶやき
* 横浜市で起きた件、一連の報道から滲み出てくる不思議は、「150万円も払わされた」というなら、其のカネはどこから持ってきて払ったのか?
  被害生徒が窃盗/強盗したのなら別だが、恐らく被害生徒の家庭から持ち出したのではないか?  だとしたら、被害生徒の親は気づかなかったのか?

* 横浜市や市の教育委員会の聴取に関し<加害生徒側の言い分だけ聞いて、なぜ被害者側の言い分が通らないのか?>と、被害生徒自身が教育委員会や市長に
  問いただす、との報道もオカシイ。 そこまでキチンと言葉が言える生徒なら、親/担任教師などへも以前から訴えていたのではないか?
  それでも、何故、双方の親を含め、150万円に膨らむまで誰も止められなかったのか? 暴力で脅されていたなら尚更、周囲は気づいた筈では? 
   それぞれの家庭で親が子供に眼が届いていない。教師も生徒に眼が届いていない。 其の一言に尽きるだろう。

★ 未成年が起こした犯罪において親の監督責任はどう問われているのか、いないのか? 私が観察する限り、陰にも陽にも明らかにはされない。
 此の曖昧な問責構造は、「暴力教師の起こす不詳事件などで当事者教諭本人の顔も謝罪も公に出たためしが無い」のと同根である。 
 校長の顔や謝罪は時おり公になるが、当の加害者本人はなぜ表で問責しないのか?  
   <まだ若く、前途ある人生だから>という言い訳が用意されているなら噴飯ものだ。   <被害者の前途ある人生>の方が 先に壊されているのだぞ! 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ≪ 歴史を振り返る意義は礼賛... | トップ | ≪ 平成天皇退位希望の処理 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

つぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL