静夜思

愁多酒雖少 酒傾愁不来

≪ 空気を読む=協調性=付和雷同=同調圧力=金太郎あめ=皆で~! ≫ 自分で考えず言葉を軽んじる悪循環を断とうよ!

2016-10-17 19:37:03 | 太白
◆ 安易な同調に 言論、一人一人で染めよう ライター・武田砂鉄さん http://mainichi.jp/articles/20161017/dde/012/010/002000c?fm=mnm
・ <普段は空気を読み「いいね!」と褒め合っているのに、ひとたび炎上すれば罵詈雑言(ばりぞうごん)の「ネットリンチ」が止まらない。「言葉」の世界が何だか変だ>。
・ 映画宣伝では「全米が泣いた」。東日本大震災後は被災地でアイドルが「(被災者に)逆にこちらが励まされました」。武田さんは同書で「安易な同調や耳に心地よい
  『いい話』風の言葉が好まれる一方、厳しい批評が疎まれる」状況を描き出した。

・ <耳に心地よいポジティブな言葉は政治の世界でも増殖中だ。「安倍晋三首相が臨時国会の所信表明演説で『未来』という言葉を18回も繰り返したのが象徴的です。
  空疎で中身のないスローガンに感化される人が増えている」と武田さん。権力者の言葉に中身がなければ、対する批判や批評もまた深まらない>。
・ <一方で、極論や攻撃的な言説が人の心を引きつけるのも現代の特徴だ。最近ではフリーアナウンサー、長谷川豊さんの「自業自得の人工透析患者なんて、
  全員実費負担にさせよ! 無理だと泣くならそのまま殺せ! 今のシステムは日本を亡(ほろ)ぼすだけだ!!」というタイトルのブログ記事>。

・ 「ネットリンチも同調です。みんながそう思っているから、という同調が起点になっている。これを褒める、これに従う、これをののしる……すべてが『みんなやっている』
  を確認した上で起きている。『赤信号みんなで渡れば怖くない』というか『みんなが渡っているから青信号なんだろう』と思い込む気持ち悪さを感じます」と武田さんは語る。 
  だからマツコ・デラックスさんや有吉弘行さんが「毒舌キャラ」と呼ばれることにも「本音でモノを言うのが毒舌という認知ってそもそもおかしい。多くの個人が自主判断で言葉を
  削り取り、自制しているだ
※ <私たちは、どこまでも自由を許されている。それなのに、みんな、誰かと一緒であろうとする。出来合いの絆を確かめるように、あの人とは違うよね、と排他することで
  認め合いを得る。自由を自ら手放し、凝り固まっていく。(中略)言葉のバリエーションを持たない権力者が「日本を取り戻す!」と繰り返すならば、
  こちらは「言葉を取り戻さなければならない」>

⦿ 「イエスとノーの間にどれだけのグラデーションを用意することができるか。 個々人が思ったままの言葉はグラデーションの色をより豊富にします」:武田氏
  毎日の言葉表現において、一人一人が自分の中にグラデーションをどれだけ用意できるか? 此の訓練こそが、今の日本が国家主義・ファシズムに流されない為の処方箋だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  ≪ プーチン大統領訪日 ≫... | トップ | ≪ ”土人”+”シナ人” 大阪府... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL