静夜思

愁多酒雖少 酒傾愁不来

≪ 相撲協会の隠蔽体質いずこも同じ=日本社会の癌 ≫  ≪ 中国の手玉に取られるトランプを未だ続けさせるか? ≫

2017-11-16 09:56:31 | 時評
★ 日馬富士暴行、関係者を聴取 鳥取県警が傷害容疑で捜査 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23529030V11C17A1AC8000/?n_cid=NMAIL007
・ いやはや、此の暴行事件には呆れることが多い。 まず、暴行事件が起きたのは1年も前のことなのに、今まで表にせず誰かが隠し通してきたことだ。協会ぐるみか? 
  と疑われても仕方ない。
・ 協会幹部の耳にどこまで届いていたかは今後の捜査に待つしかないが、少なくとも、加害者及び被害者の両親方、そして暴行のあった宴席に同席していた日本人含む力士達は文字通り
  ”完黙”していたわけだ、報道されるまで。 この隠蔽工作の構造は相撲協会に終わらない。上は政治家から下は町内会に至るまで、これが日本社会全体を覆いつくす
  <隠蔽体質>である。
 ⇒ スポーツ界によくある暴力事件、などと片づけては何も教訓が読み取れない。「あれは自分とは違う世界で起きたことさ」ではない。
   黙らせてしまう構造、これが国という規模で行われたらどうなるのか?  国民がモノを言えないまま敗戦に繋がった旧日本の古い体質が今も変わらず残っている、この事実こそ、
   いま我々が学ぶべき教訓である。

◇ 【毎日/木語】中国傾斜の時代か=坂東賢治 https://mainichi.jp/articles/20171116/ddm/003/070/042000c?fm=mnm
・ 論旨は引用記事をお読みいただきたい。要は、ビジネスマンとしての「駆け引き」で政治の世界もこなしてみせると大言壮語するドナルド・トランプは、商売駆け引きではユダヤ人と
  互角と目される中国人に、まんまとやられているのを指摘した内容だ。全く異論はない。 
・ 私は、何も28兆円のまやかしだけをいっているのではない。アメリカが国際政治のリーダーシップをとれない国、既にそうなっていることに 庶民がいつ気づくのか?
 
 ⇒ 問題は、国の品格を貶め、内外とも実績を上げないのにリコール/弾劾もできない統治の仕組みが続く中、共和党支持者も含め、いったいいつ、米国有権者が「この男が大統領では、
   本当にアメリカの国力は衰える一方で危ないぞ!」と本気になって辞めさせようと動くのか? だろう。  デモくらいでは誰もへこたれない。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ≪ 人権言わないから中国はト... | トップ | ≪ 企業のオザナリ謝罪にみる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

時評」カテゴリの最新記事