静夜思

愁多酒雖少 酒傾愁不来

 ≪ 国際政治に やまと情緒は有害 ≫ 1956日ソ宣言:これしか互いの基盤は無い  4島は何処にも書かれてない!

2016-12-13 22:26:35 | 時評
 ☆ ロシア大統領「4島は共同宣言の枠を超える」 http://www.nikkei.com/article/DGXLNSE2IEC02_T11C16A2000000/?n_cid=NMAIL002
 ・ 今更、落胆や驚きの情緒で此の終始不変の大原則を迎える根拠なき浮わついた感情があるとすれば、それは単純に日本の歴代政府が空中に描き続けた幻想アニメの
   罪でしかない
 ・ ロシア人は1956年宣言から微動だにブレていないのだ。  ロシア人も西洋人であり、曖昧模糊を是とする東洋人ではない。  間違えるなよ!!!
  一時、ソ連崩壊のおり苦し紛れで「2島面積分割論」を匂わせた。だが、愚かな外務官僚と政府閣僚は、「4島」に拘り千載一遇のチャンスをみすみす捨てた。
  中国とロシアが妥結できた≪面積等分返還≫こそ、今でも最善/最高利益をもたらす妥協案だったのに、愚かな日本人よ!
   ・・・・・・谷内氏は当時外務次官、等分論への観測アドバルーンを上げ、ロシアも期待したのに、誰かが潰し、谷内氏は暫く冷や飯を食わされた。。。  
  まさか、潰したのは鈴木宗男か?  其の誰かが今も外務省の中枢/黒幕に居るなら、今度もプーチンとて為す術は無かろう。 そんな奴は今も居るのか?  
  若しそうなら、ロシアとの外交に日本はこれからも 何を築けるのか?

 ・ みすみすチャンスを捨てた・・・・とは、どういうことか?  
 4島一括返還などという<無理くり>強談をいつの頃か外務省の誰かが扇動し、ソ連崩壊で先方が弱気に陥っていた絶好のチャンス、2001~2003年頃、せっかくの気運さえ 日本側の誰かが壊したのだ。  1~2万人の死にゆく高齢元島民。それと大きな国益のバランス。どうして日本人は小さな犠牲のため大局をいともたやすく捨てられるのか??  北朝鮮の拉致問題にも同じ構造はないか?? これを自己満足の浪花節といわないで、何と言う???  韓国との竹島、中国との尖閣、同じ情緒構造だから危ないのだ!

元鳩山総理<旧民主党:あのバカ息子:由紀夫の方ではない>が共同宣言を締結した後、新たに「国後・択捉」を固有領土と追加・変節した日本政府の主張、
 其の時系列上の謎は解明されているか? ここの歴史的事実関係/時系列は、日本人の多くの期待にことごとく反する。 情緒ではなく、ロシア側の主張が正しい。 
 「日ソ中立条約」破棄による一方的侵攻ゆえの千島略奪などと喚こうが、ナチスドイツは「独ソ不可侵条約」を破って攻め入った。大日本帝国も同じ穴のムジナでしかない。
 ルズベルト/スターリンによる満洲解放+南樺太奪還+全千島占領はソ連の参戦条件であり、戦後秩序合意の側に敗戦国が立てるわけはなかった。 
   負けるということはそういうことなのだ。  それだけの事でしかない。 泣いても喚いても 力の世界はそういうことなのだ。。。 

 毛沢東が嘗て繰り返した如く、サンフランシスコ条約、或はその前の「ポツダム宣言」が日本の明治以降の帝国主義侵略をゼロリセットするとした精神に誠心誠意立てば
 <樺太千島交換条約:1875年>は日露戦争前の平和的な条約であり、千島列島全域は連合国が糾弾した大日本帝国成立後の侵略戦果ではないから日本のもの。 
 それを然し、旧ソ連も米国も、等しく「第二次大戦の勝敗」の結果だから負けた国に覆せる根拠は無いのだという。  すべて此の論理だ。  此の論理は、今も同じだ。  
 日ロ外交は「旧ソ連の背信」をあげつらわないところからスタートするしか、今の日本の実力では何も前に進まないのだ。  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ≪ 酷い運命に涙するのを 赦... | トップ | 書評 062-1 『 日本海軍 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

時評」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL