静夜思

愁多酒雖少 酒傾愁不来

   ≪ 馬鹿モノばなし 3題 ≫  

2017-03-08 09:26:20 | つぶやき
【1】 野球場にグラブ持参で 日本チームのホームランをふいにするバカ者
 ・ 昨夜、WBCの「日本 vs キューバ」戦をTVで観た。 山田(ヤクルト)が打ったレフトスタンドギリギリの飛球、これを嬉しそうに持参のグラブで
   捕球した男がいる。
 ・ ビデオ判定にされ、結局ホームランではなく2塁打にさせられ、スコアは2ランホームランにならなかった。試合が日本勝利に終わったから許すのか???
  ⇒ グラブで捕球した男の顔まで画面では映らなかったが、いかにも嬉しそうにグラブを見せびらかす愚かさ! 
 ★ スタンドでは、他の位置にもグラブを手にしたファンの姿が写っていた。 アメリカ大リーグの映像でも居る。
   ファウルボールを欲しがる子供へのサービスなのはわかるが、何故、ホームランの入る外野スタンドへのグラブ持参を許すのだろう?

【2】 <老害>を自覚できない馬鹿者: 石原慎太郎
 ・ 東京/築地市場の豊洲移転をめぐる疑惑が大詰めに近づいている。 先日の「記者会見」では、無責任極まりない逃げ口上と、なすりり付けで醜悪な顔を
   晒した。 <科学の素人だから部下に丸投げした>ことは組織トップの負う責任免除の言い訳にはならない、それは官民関係なく当たり前。
   そんなことは、学校を出て世間で働く者なら誰でもすぐに悟る実社会の鉄則だ。
 ・ なんと、豊洲移転の遅れを「小池知事の不作為」として告訴までくちにする浅ましさを見せた。   見苦しいぞ、石原! 

【3】 原発避難者の生活保障額を公開せぬ行政のバカ者ども
 ・ 福島から県外へ避難生活せざるを得ない人達が、いま現在も多くいる。 最近の報道で、それら非難家族の離散、子供達への「イジメ」が進んいるのを我々も
   知るようになった。
 ・ こういった被災家族に加えられる無責任な誤解とウップンばらしは、震災から少し時間がたった時点で、若し行政に想像力を働かせる風土があれば、
   容易に想定できたのでは?
 ・ だが、そうならなかった。 余りに多忙だから?  それもあるにせよ、「発生主義」と呼ばれる行政公務員固有の態度がネックになっていないか?
   警察も含め<未然に防ぐ措置>を控える発想がありはしないか?  犯罪予防では無論この発想は逆に尊重すべきだが、被害想定においては寧ろ先回りに
   考える態度が求められているのでは?  例えば、”避難者は多額の補償金/賠償金を貰っているだろうからアパート入居も断る”などといった愚かな誤解だ。 
   それと、個人やNPOが、復興進まぬ被災地域の現状を写真に撮り、細々と公開する。  これこそ行政の仕事だろう?
  ⇒ 個人名ではなく、避難家族に支払われる補償金額を幅で公表すれば、いったいその金額でいつまで収入なき家族がもつのか? 
    誰でも想像が働き、馬鹿なセリフを吐く人はいまい。    何故、行政担当者はそれを先読みして行動しないのか???
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ≪ ことさらに攻撃目標を名指... | トップ |  ≪ 童謡 Best Collection ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL