静夜思

愁多酒雖少 酒傾愁不来

≪ 初夏の悪夢 ≫   トランプゲートで大混乱 vs 北鮮の野望 ⇒ 米軍の先制攻撃! 日本着弾?! 

2017-05-16 13:30:04 | つぶやき
FBI長官解任劇と米大統領執務室の録音疑惑:「ウォーターゲート」事件を彷彿させる「トランプゲート」 <アメリカ現代政治研究所> 高濱 賛
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/261004/051500042/?P=1
★ 詳しくはお読みください。 とても深刻な混乱にアメリカは陥るだろうとの観測。読めば大袈裟でも与太話でもない事が直ぐ判ります。

⦿ 要点1.は、トランプ大統領自身が、辞めさせたFBI長官を脅す意図で口にした<二人の会話を録音してるぞ!>という失言が、誰を後任の長官に任命するに
  せよ、議会の人事承認が得られるのか? という難問。得られたとしても、新長官は真相究明を求める議会と大統領との板挟みになり、進退窮まる。
 ← ここが日本との決定的な違い。閣僚任命に米国議会は拒否権を与えられている。 日本はどうだ? どんな欠格人物でも首相が任命すれば国会にも国民にも、
    リコールはできないのだ・・・!  然も、選挙で落とそうにも、その選挙時期を誰が支配する?  総理自身、という馬鹿げた仕組みだ。
⦿ 次は、ニクソン元大統領が失脚した”ウォーターゲイト事件”時と同様、最高裁が録音テープの提出命令を出せば、恐らくトランプ氏は一巻の終わりかも知れない。
 
* 日本国民で1973年当時の”「ウォーターゲート」事件”を記憶する世代は高齢化し、中堅/若手世代ともアメリカンデモクラシーの健全さと輝きを知る人は
  少ない。   これまた、現在の日本の民主主義が危機に瀕している遠因だろうと私は思う。

さて、私の悪夢とは・・・・・・北朝鮮にすればアメリカが乱れているほど好都合で、核ミサイル開発の時間を稼げるというもの。米国の政界が上を下にの騒動をやってくれている間、軍事攻撃もできまい。  そして、とうとう米大陸に届くICBM<大陸間弾道弾>を手に入れたとしよう!  どうする?
 政界の混乱に業を煮やしたトランプは、逆転ホームランが欲しくて米軍部に先制攻撃を命じるかもしれない。  其の時、日本列島の運命や、如何に???
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ≪ 「吏道(りどう)」は死語... | トップ | ≪ よくわかりませんが・・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL