安城市緑町 ミドリペットクリニック 0566-77-6047 トリマー、AHT募集中(初心者歓迎)

目標毎日更新
動物病院の日常、広報、呟き
午前9:00-12:00 午後4:00-7:00
休診:日曜祭日、水午後

種子法廃止は日本農業を滅ぼすのか?Ⅶ

2017年06月12日 | 政治経済
 元々この問題はTPPに署名して、日米が交換文章を交わした時から始まりました。
その中で日本政府はアメリカの外資である日本モンサント、デュポン、シンジェンタなどに意向を聞いて、
各省庁に必要な物を取りまとめさせ、規制改革会議に付託しました。
そして規制改革会議の提言に日本政府は従っただけです。これはもう独立国家だとは言えません。
その流れとして種子法廃止、農業競争力強化支援法、農地の工業用地への誘導促進法、水道法改定、官民連携推進法…。
次々にアメリカの企業の意向に沿って政府はどんどん法律を作っています。
これは異常事態です。
種子法廃止はこの流れの典型例です。

☆6月のお知らせ:
フィラリア予防を始めましょう。
急に暑くなる日もあります。熱中症気をつけましょう。
6月17日(土)は出張のため獣医師不在です。診察は全日できません。スタッフは勤務しておりますので可能なサービスはお問い合わせ下さい。大変ご迷惑おかけします。

当院では一緒に働いてくださる動物看護師さんを1名募集しています。詳細はメール等でご連絡ください。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 種子法廃止は日本農業を滅ぼ... | トップ | 種子法廃止は日本農業を滅ぼ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む