HARD HEAD

旅行 社寺

山梨県 乙ヶ妻(おつかずま)のしだれ桜

2017-04-20 11:31:17 | 旅行
2017.04.19 昨年春、桜旅の最中に病気になり入院手術となり、

  それ以来車の運転は控えてきましたが

  山梨の桃源郷と、桜散策をしたく一年ぶりにハンドルを握りドライブに出掛けました。

  山梨市牧丘町室伏乙ヶ妻の枝垂れ桜を見て来ました。

  秩父住環(雁坂みち)140号線を北に走り、室伏トンネルの手前を左折210号線に入ります、

  中牧神社北交差点を右折橋を渡ると案内標識が出てきます。





  室伏としかわからなかったので210号線を北へ走りすぎました、

  右手に河川越し、山腹に桜が見え始めました。

  210号線道路上より望遠で撮影。 河川を渡る橋がないので戻り中牧神社北より入りました。



  駐車場よりのしだれ桜(駐車場は村の小さな広場?5~6台しか止められません)





  駐車場から山道を5~6分上ります。見え隠れする桜に期待が膨らみます。







  乙ヶ妻しだれ桜 樹齢150~200年 見事な樹形です、丁度満開、ひらひらと散り始めています。

     周辺も整備され町の皆さんが大切に見守っているのが良くわかります。

  以下しだれ桜裏側と四周から撮影してみました。











  ここまで足を運んだ価値のある、素晴らしい一本桜でした。



  駐車場からは南の山の上に富士山が見えるが、

    今日は雲に隠れ、裾野の雪が少ししか見えません。

    山里ではアンズの花も満開、春本番様々な花色で色とられています。

    



  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 程久保川 八重桜 | トップ | 釈迦堂遺跡博物館上 桃 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む