激安DVD-日本ドラマ

日本ドラマ,海外ドラマ,日本映画,欧米ドラマ,人気ドラマDVD,外国ドラマなどのDVD- BOXを最安値でご紹介。

韓国ドラマ「ウォンテッド」あらすじ 感想 感想 韓国ドラマ史上最も現実的な

2017-05-12 14:06:23 | 韓国ドラマDVD
20170511143453
キム・アジュンが「ウォンテッド」に出演したきっかけは【ウォンテッド 韓国ドラマ 感想】、脚本家が台本の最後に書いた手紙だった。その内容は“マスコミ関係者として、今リアリティショーがどこまで行っているのか反省してみる必要があるのではないかと悩んだ”というものだった。これに対しキム・アジュンは「ジャンル作品としてただ面白さだけを考えるのではなく、どんな話を伝えたいか、というメッセージが確かにあったと感じた」と話した。

この他に【ウォンテッド 韓国ドラマ 視聴率】、江南(カンナム) 警察署刑事課の捜査1課の警衛チャ・スンイン役を演じるチ・ヒョヌ、冷酷なヘインの夫ソン・ジョンホ役のパク・ヘジュン、放送作家ヨン・ウシン役のパク・ヒョジュ、芸能部記者チャン・ジヌン役のイ・スンジュン、ハッカー出身のADパク・ボヨン役のヒョソン、UCNドラマ局長チェ・ジュング役のイ・ムンシクなどが活躍する。

制作発表会に出席しなかったパク・ヨンスンプロデューサーの代わりにキム・アジュンは「どのようにリアリティを作り【ウォンテッド 韓国ドラマ あらすじ】、劇中で視聴者はどのように反応するか、犯人はどんなミッションを要求するか、という3つのポイントに集中してご覧になれば、それが犯人探しより面白いだろうと思う」と鑑賞ポイントを述べた。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ブルースリー伝説」 動画 ... | トップ | 「私の心は花の雨」あらすじ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。