マルキュー藤田の釣日記

熱い釣りの記録や思いをお伝えします

湯崎湖月例会 2月11日

2017-02-13 17:50:50 | 湯崎湖情報(釣行記)
 今回は、チョーチンで当たりの出ない朝1時間程は、底釣りで遊び、その後は得意なチョーチンに繋げる作戦だ。いつもどおり、4号桟橋5号向きに陣取ったが、予報では向かい風10m程吹くとのことだったので、18尺を諦め、13尺一杯のバランスの底で開始。

 2投目で空ツン。3投目で1枚目。やや間が空いて2枚目。2枚とも良型の新べらで、ここまでは予定どおりでウフフである。その後はやや当たりが遠くなり、しかも空ツン、スレの連発。予定よりやや時間を引っ張ってしまったが、周りのチョーチン組が釣れ出した8時半に11尺チョーチンにバトンを繋ぐ。

 しかーし、これが何故か全く不発。ほとんど反応がないのだ。10時までチョーチンをやったが2枚のみで駄目。この時点でまだ風はたいしたことがなく、何を血迷ったのか一攫千金を狙い18尺の底に変更。11時過ぎまで粘ったが1枚も拾えず撃沈。この時点で4枚で間違いなく最下位。情報では、トップは29枚、2着も19枚で共に段底とのこと。ここで開き直って、釣れようが釣れまいが、迷わず最後まで11尺チョーチンで通すことに腹を決めて黙々とエサを打つことにした。

 午後からは、魚が回ってきた時だけ釣れる感じで、22枚追加し、計26枚、14.6kgの6着。午後からは何とか帳尻を合わせ、最悪の結果を免れた感じだ。やっぱり、迷って色々手を出したのではろくな結果にならないと改めて思い知った。

 トップは、MW野さんで5号桟橋、段底で25kg台。2着は9尺チョーチンでW引さんが35枚、18kg台。3着はH山(兄)さんが段底で26枚16kg台だった。

 さて、19日はうちの会の例会だ。作戦は、朝は底から入って・・・・。同じ轍は踏まないように肝に念じよう!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 湯崎湖チャレンジカップ 2... | トップ | 日研いわき支部2月例会 湯... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。