マルキュー藤田の釣日記

熱い釣りの記録や思いをお伝えします

日研福島地区 支部長懇親釣会 4月23日 高子沼

2017-04-23 19:42:16 | 高子沼(釣行記)
 ここのところの状況としては釣れていないらしい。朝のモジリは堰堤方面ばかりで上流部はほとんどモジリが見られなかった。堰堤方面に入ろうかとも思ったが、いつもの一軒家前に入ってしまった。
 周りは、全員が21尺のようだ。私も何となく21尺で開始。朝のうちは殆ど反応がなかったが、たまーに出るモゾッとか、ズルに手を出すと全てスレでバラシの連続。良い当たりに合わせたいのだが、良い当たりは全く出ない。そうこうしている間に、右隣のs藤さんが、ポツポツ拾い、3枚。周りも殆どの選手がオデコ脱出し、私だけが取り残されてしまった。
 8時半頃からは、触りが続くようになってきたが、やっぱり合わせるようなアタリは出ず、合わせてもスレ。そうこうしているうちに日中は触りもほとんど出なくなってしまった。それでもテンポ良くボソバラケを打ち、忘れた頃出るアタリを合わせると奇跡的に5枚拾い、4.9kgで支部長の部の優勝となった。序盤に3枚リードしていたs藤さんは日中伸びず4枚で撃沈。
 一般会員の部では、東屋前に1人で入り、魚を独り占めした小野君が10kgドンでぶっちぎり優勝。3着には三次君が堰堤前の角に入り3着だった。
 いつものように21尺で大雑把な釣りをしてしまったが、明らかに釣り方が合っていない。どんな真似をしたら上手く釣れるのだろうか・・?

追伸 水沼情報
 22日に水沼に行ってきた。水位は満水で釣座の確保が難しい状況だ。小規模なハタキが見あり、ハタキは橋の下から高圧下まで広範囲に見られた。モジリは少ないが、川筋だけでなく、高圧下やミラー下でも見られた。それにしてもカワウが凄く増えた感じで、川筋では、カワウが群れになって食事中だった。
 釣人は皆無でカワウ天国。釣座も人が入った形跡がなく、荒れ放題で入釣に苦労しそうだ。
 今度の土曜は、東郷さんの試釣のお供で水沼の予定。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日研いわき支部4月例会 矢... | トップ | 水沼ダム 4月29、30日 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (デューク東郷)
2017-04-24 07:43:09
土曜日は宜しくお願いします。荒れ放題ですか。軽トラに乗って草刈機を持って行ったほうが良いですかね?(笑)

東郷 さま (マルキュー)
2017-04-24 18:07:08
ウエーダーと高枝バサミ、柄の長いカマは必要かも。
足元の水中障害物を何とかしないと乗せても取り込めない状況です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

高子沼(釣行記)」カテゴリの最新記事