自遊空間、 ぶらぶら歩き。

日々見たこと、聞いたこと、読んだこと、考えたこと

グリーン交響楽団 Spring Concert 2017

2017-04-18 | コンサート・音楽・宝塚

4月16日(日) 兵庫県立芸術文化センター大ホールでグリーン交響楽団 スプリングコンサート

曲目は―
W.A.モーツァルト◆4つのドイツ舞曲
 ハーディガーディ(客演演奏):徳井由美子さん
 アンコールで小品1曲
R.シューマン◆交響曲第4番
P.I.チャイコフスキー◆交響曲第4番

アンコールで―
チャイコフスキー◆白鳥の湖より1曲

指揮:佐々木宏さん

 

グリーン交響楽団は「みどり会」のメンバー会社の社員を中心に発足した社会人オーケストラで、来年創立30周年を迎えるという集団です。
今回のプログラムにも記載がありましたが、「地道に活動を続けてきた」落ち着きのようなものを感じました。

4つのドイツ舞曲の3曲目にはハーディガーディという珍しい古楽器が登場してきました。
遠目にはヴァイオリンかマンドリンのように見えます。
左手でキーを押さえ、右手のハンドルを回して音を出していましたから、オルガンの原理なんでしょうか。

多分この楽器、見たり音を聞いたりするのは最初で最後になりそうです。音は不安定でしたね。

 

シューマンの4番は1楽章と2楽章、2楽章と3楽章の楽章間の休みは、作曲者の指示では4分休符の上にフェルマータがつけられているのだそうです。
プログラムにそう書かれていましたから、客席もその短い^^間(ま)をし~んと味わいました。

 


 

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クラーナハ―500年後の誘惑 | トップ | 15歳に教えられ・・・。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。