自遊空間、 ぶらぶら歩き。

日々見たこと、聞いたこと、読んだこと、考えたこと

ワンコイン・コンサート~ヴァイオリンとチェロの〝四季″

2017-05-14 | コンサート・音楽・宝塚

5月11日(木) 兵庫県立芸術文化センター大ホールでワンコイン・コンサート
~ヴァイオリンとチェロの‶四季”

ヴァイオリン:タイール・キサンベイエフさん
チェロ:エリナ・ファスキさん


曲目は―
ヘンデル(ハルヴォルセン編)◆パッサカリア
チャイコフスキー◆『四季』より 4月・松雪草、6月・舟歌、10月・秋の歌、12月・クリスマス
ピアソラ◆ブエノスアイレスの四季 ブエノスアイレスの春・夏・秋・冬

アンコールで―
ピアソラ◆オブリビオン

ピアノ:阿見真依子さん

 

ヴァイオリンのタイール・キサンベイエフさん、チェロのエリナ・ファスキさんのお2人はモスクワ音楽院を卒業して昨年10月、兵庫芸術文化センター管弦楽団(PACオーケストラ)のコアメンバーに加入しました。

コアメンバーというのは、主として35歳以下の若手演奏家で構成するプロフェッショナル。日本、アジア、ヨーロッパ、アメリカなど全世界から公募しています。
定期演奏会、室内楽公演、オペラ、バレエなどの公演を通じ、オーケストラのレパートリーを最長3年間で実践します。

若い2人は3年間の期間限定を精一杯有効に使おうと考えているのでしょう。
原稿を見ながらとはいえ、自己紹介から始まって、
「〈パッサカリア〉はスペインの祭りの終わりに演奏する曲ですが、今日は最初に演奏しました」
といったMCまで、日本語で進めてくれました。

これからのPAC出演のコンサートで、彼らの姿を探す楽しみが増えました。

 

 

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5/12 オリックスvs西武6回... | トップ | 一・十・百・千 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。