自遊空間、 ぶらぶら歩き。

日々見たこと、聞いたこと、読んだこと、考えたこと

クラーナハ―500年後の誘惑

2017-04-17 | 展覧会

国立国際美術館クラーナハ―500年後の誘惑を観てきました。
会期は4月16日(日)までで、終了しています。
相変わらず、滑り込みの鑑賞でした。

 

ルカス・クラーナハ(父、1472-1553)は宮廷画家として名を馳せた、ドイツ・ルネサンスを代表する芸術家で、工房をつくって絵画の分業化をはかり、大量生産を成功させるなど、ビジネス感覚も備えていたようです。

肖像画や宗教画、物語上の人物など、妖しい、見ようによっては不気味な絵をたくさん残しています。
ほとんど透明に近い布をまとった裸婦の胸はう~ん、小さいゾ。

岸田劉生、ピカソ、川田喜久治森村泰昌など、後世の芸術家にも多大な影響をあたえました。
クラーナハの影響を受けて制作された作品も展示されています。

500年後の私は「誘惑」されなかったみたいです。

館内のレストランでクラーナハ展の期間限定で提供されていた「ビール煮込みのトマトシチュー」には「誘惑」されて^^いただいてきました。

 

 

『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 街角でお花見 | トップ | グリーン交響楽団 Spring Co... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。