自遊空間、 ぶらぶら歩き。

日々見たこと、聞いたこと、読んだこと、考えたこと

交響楽団ひびき 第13回定期演奏会

2017-06-28 | コンサート・音楽・宝塚

6月25日(日) 神戸文化ホール大ホールで交響楽団ひびき第13回定期演奏会

曲目は―
A.ボロディン◆歌劇「イーゴリ公」序曲
J.ブラームス◆ハイドンの主題による変奏曲
J.ブラームス◆交響曲第4番

アンコールでー
ハイドン◆交響曲第44番第4楽章

客演指揮:新通英洋さん

 

 

 切ない出だしのブラームスの4番もだいぶ聴き慣れてきました。
聴き慣れると、聴くのが楽しくなるから不思議です。

 

アンコールはハイドンの44番の4楽章だったのですが、指揮の新通さんが振り始めてすぐ、舞台のそでに消えました。そのあと、テンポの速い曲の大部分を指揮者なしで、(多分)コンサートミストレスさんの弾き振りで進めました。
で、最後はまた新通さんが登場して、演奏を〆ました。

こういう演奏をするのが、この曲のならいかと思ったら、そうではないようです。
ネットで観ても、ちゃんと指揮者、最後まで棒振ってます。

新通さんのアイディアのようですが、それをこなしたひびきの方々のパワーがすごいです。
ちなみに、ハイドンの45番「告別」は演奏者が少しずつ舞台から消えていくそうです。

ハイドンは聴き慣れなくても、シンプルで聴きやすいから私は好きですね。

 

 

 

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月の白い花、薄紫の花 | トップ | 6月のアジサイ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。