自遊空間、 ぶらぶら歩き。

日々見たこと、聞いたこと、読んだこと、考えたこと

宝塚歌劇花組公演~雪華抄、金色の砂漠

2016-12-07 | コンサート・音楽・宝塚

12月5日、宝塚大劇場花組公演、雪華抄金色の砂漠を観てきました。

 

「春の踊りはーヨーイヤサー」の掛け声で、いきなり舞台が明るくなると、そこには出演者全員があでやかな着物姿で並んでいました。
まるで、お正月。

この前の雪組公演も早めのクリスマスだったので、大劇場は東京公演の「ゲネプロかい?」と言いたくなりますが、先に観られるんだから「まっいいかっ」といったところです。

トップの明日海りおさんにとっては2003年の初舞台以来、今公演が退団公演になる娘役トップの花乃まりあさんにとっては初めてで最後の和物のショーだそうです。

そしてその和物ショーから始まる珍しい構成でした。

雪華抄、金色の砂漠の2本とも、若い作家のオリジナル作品、演出です。
力作・秀作でしたよ。

お芝居の金色の砂漠はトラジェディ=悲劇と銘打たれているとおり、屈折した恋を経て2人の死で終わるのですが、フィナーレのショーで、宝塚らしく^^美しく昇華します。

 

私の今年の宝塚観劇はこの日(12/5)で最後でした。
劇場内で、帰りの阪急電車の中で、年若い知人と何回も遭遇して、感慨深い日でもありました。

 

 

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年末お助け隊 | トップ | 仲道郁代ピアノ・リサイタル... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (cosmos)
2016-12-08 07:44:41
素晴らしい鑑賞の後にお知り合いの方との遭遇。うれしい一日でしたね~
★cosmosさま (emarch)
2016-12-08 23:50:15
年下の知人というのは娘の友人です。
身体が不自由になられ、車いすで劇場まで公共交通機関を使って出かけて行きます。

長い公演期間にもかかわらず、同じ日に、大勢の観客の中で出会い、
また、寄り道してから乗った電車でも同じ車両に乗り合わせて奇跡だねーと言い合いました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。