狩人の道東放浪記 Ⅱ

定年後道東に移住しました。
しかし2年後、都合により帰郷しました。徳不孤必有隣の旗印は同じです。

10月24日の成果

2016年10月25日 | 狩猟と銃
この日も5時起床、5時30分に宿を出ました。

いつもの場所へ行くと雄鹿が草を食べていました。直ぐに私の方を見ています。
距離は約350メーター、少し前へ車を進めると50メーターほど走りまた立ち止まっています。
逃げたいのですが、朝食が途中のようです。
これ以上の接近は無理と、弾を一発込めて静かに引き金を引きました。
命中。その場に倒れた鹿は2度ほど首を振りましたが絶命です。



近寄って車へ取り込みます。このようにすると150キロぐらいの鹿も車に乗ります。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成28年度蝦夷鹿猟へ | トップ | 10月28日 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (乙麦)
2016-10-25 09:44:18
お見事、道具がいいですねウインチにスロープベストマッチですね。
改造 (常盤万作)
2016-10-25 15:10:13
改善すべき点が、使用して解りました。

流れ出た血の対策です。ベットから溢れた血は車を汚しました。ブルーシートで包む必要があります。

それと滑車を使用しているために、奥まで鹿が入りません。
鹿の尻を押して押し込みました。
籠を外付けした方がベストのようです。
おめでとうございます。 (因島のトラ)
2016-10-25 22:28:26
大物ゲット、おめでとうございます。

実際に使いながら改良すると、どんどん便利な仕組みになりますね。

私も、ライフル銃の申請を行いました。
申請 (常盤万作)
2016-10-26 14:00:53
今まではこの距離を諦めていました。銃尻を体へ固定するのが難しいのです。運転席では体が自由になりません。
それで、コンソールボックスへ手製のコンソールボックスを入れました。これで銃を完全に固定できます。
銃身は窓ガラスに器具を使い固定します。これで正しく狙えば当たるはずです。
50センチの右ズレはスコープの調整不足です。もう1クリック左にしなければなりません。

ライフル銃の申請良かったですね。BARの300WinMagで良いならば100発程度しか撃ってない銃を安くします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む