狩人の道東放浪記 Ⅱ

定年後道東に移住しました。
しかし2年後、都合により帰郷しました。徳不孤必有隣の旗印は同じです。

GWの整理整頓

2017年05月09日 | 狩猟と銃
平成11年に死亡した父の遺品はほぼそのままです。
部屋は亡母が使用していたので、何も手を入れずそのままだったのです。
母の死後、少し整理しましたが汚れた品もあり、整理してありません。
このGWで押し入れだけでもと、整理しました。すると新聞紙に包まれ、真っ黒になったサーベルが出てきました。なぜここにあるのか分かりません。
ペーパーで磨き、漂白剤で汚れを落としました。刃の錆をペーパーで落とすと本身が出てきました。模造品と思っていましたが、刃紋があります。



それで所轄署へ発見届けを出しました。45分ほどでスムーズに処理されました。7月に審査会があるので、行ってきます。
名刀にはとても思えないので、錆だけ落とし所持する予定です。鎖と革紐はホームセンターで求めました。

追記
サーベルの組み立て方が間違っていました。訂正の写真を追加しました。



鍔を逆に入れていました。すみません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 羆の肉を頂きました | トップ | 第27回全国菓子大博覧会に行く »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コレクション? (京男)
2017-05-10 06:53:30
おはようございます。
お父様が現役の時につけておられたのですか?
それともコレクションなんですか?
遺品 (常盤万作)
2017-05-10 15:47:50
多分祖父からの遺品で、亡父も困っていたのでしょう。
祖父は神宮の衛視を暫くやっていたので、その時の物でしょう、たぶん。

コメントを投稿

狩猟と銃」カテゴリの最新記事