楽しく水彩画を描く

独学で習得した透明水彩画です。主に風景を多く描いています。水彩画技法や製作過程等もアップして行こうと考えています。

空の描きかた

2016-06-30 | 水彩画・技法

 

夕暮れ少し前頃の空です。アップ済みの絵から空の部分を、切り取ってアップしました。絵の中央部を明るくすることで、見る人の目線を引き寄せることに期待して、明るくしています

ロ-シェンナとペインズグレ-の2色で描いています。山に接する部分を、薄くするのもポイントです。

White  Watson  300g  ホルベイン透明絵具

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空の描きかた

2016-06-29 | 水彩画・技法

 夕空

遠くの林に沈む夕日です。描く順序としては、1.空の色を林の中まで入れて置きます。2.夕日の色を白く取り除きます。3.空の色が乾いたら、林の高さに変化をつけて、飛出た木も数種類にして描いています。

これで空は出来上がりです。

ARCHES  182g  41 x 14cm  ホルベイン透明絵具

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空の描きかた-1

2016-06-28 | 水彩画・技法

 水彩画の技法として、私なりの独断と偏見で、描いてアップして行こうと思います。参考にする、しないは、読者さんのご判断にお任せします。

下の空白部分は、好きな風景を想像して見て下さい。草原、海、湖、等などが想像出来ますね。これからいろいろな空を描いてアップしようと思います。

White  Watson  300g  F2  ホルベイン透明絵具

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の小沼

2016-06-27 | 水彩画

7月2日から始める個展の会場は、東大沼のキャンプ場の向かいの”ギャラリ-美人妻”ですが、大沼のこと気に成っているからなのか、大沼の絵が描きたくなって、去年の秋に鉛筆スケッチして、ほっといた小沼の絵を思い出して完成させました。

秋の雰囲気を出そうとしても、時間が経過しているからか、なかなか良い色にならかった。

VIFART  242g  F4  ホルベイン透明絵具

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

氷の融けるころ

2016-06-26 | 水彩画

 

小沼の氷が融けだしたと情報を聞いたので、小沼へ行ってスケッチしました。外では寒くて色は付けれないので、家に帰ってから仕上げました、2月の中頃です。

氷が融けた隙間に木々の映り込みがあって、これに感動して描きました。

ARCHES  185g  F4  ホルベイン透明絵具

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

有珠山と昭和新山

2016-06-24 | ペン画

 

洞爺湖に隣接している、火山噴火で有名な有珠山が左側の山、昭和時代に新しく噴火して出来た昭和新山です。

2年前に釧路厚岸、霧多布へスケッチ旅行した帰りに、自動車道のサ-ビスエリアで一休みし、そこでスケッチした絵ですが、昨日ようやく色を入れて完成しました。ズボラな性格があって、時々こんなことがあります。スケッチした時に色の名前を、書いて置くので何とか判りますが、全体の雰囲気が薄れて思い出すのが大変です。

White  Watson  300g  F2  ホルベイン透明絵具

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝の散歩道(亀田川沿い)

2016-06-22 | 朝の散歩道で

 

家の近くの散歩道を散歩して、序でにスケッチも楽しむ欲張りな一日の始まりです。散歩が主なのでスケッチは鉛筆で描いて、朝食後に色を付け仕上げます。

White  Watson  300g  F2  ホルベイン透明絵具

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キャンプ場の桟橋

2016-06-21 | ペン画

 

7月2日から、ここ大沼のキャンプ場と道路を挟んだ向かいの、ギャラリ-で個展を開催します。事前の打ち合わせをギャラリ-した帰りに、歩いて2分の場所にある桟橋を主題にスケッチしました。鳥がさえずり静かなところで、気持ちが洗われるような思いで、楽しくスケッチ出来ました。

Maruman  Sketch  Book  A4  ホルベイン透明絵具

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

釣って来たサバ

2016-06-20 | 水彩画

 

市内の岸壁でサバやイワシが釣れて、釣り人で賑あっていました。20cm前後ですが味噌煮で美味しく食べました。その前にスケッチして、煮物ができた頃に絵も出来上がっていました。秋までで釣れるので、これからの楽しみが増えました

White  Watson  300g  F2  ホルベイン透明絵具

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩部の海岸

2016-06-19 | ペン画

 

渡島半島の西に福島町があり、南方向に行くと岩部に行けますが、岩部で行き止まりとなり、函館方面に行くのも来るのも、峠を超えて遠回りしなければならい、取り残された地の果てで不便な所、それだけ自然も多く残されています

White  Watson  300g  F4  ホルベイン透明絵具

コメント
この記事をはてなブックマークに追加