楽しく水彩画を描く

独学で習得した透明水彩画です。主に風景を多く描いています。水彩画技法や製作過程等もアップして行こうと考えています。

「丘のかぜ」14

2014-11-30 | 風景

美瑛の丘に生い茂っている木には、名前が付いていますが、この木は無名の木です。

丘の高い所にある木なので、風が強く当たるのか、幹の上の方は風に押されて一方に、曲がっています。 ポプラの木です。

Water ford  300g  ホルベイン透明絵具

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「丘のかぜ」13

2014-11-29 | 水彩画

今回の絵は、PIGMA GRAPHICで描いたペン画です。ペン画にして淡彩で色を付けると、短時間で描けますが、如何にも軽い絵に見えます。この描き方は、実は大好きな画法なんです。

丘に立つ4本のポプラの木です。

Water Ford 300g  ホルベイン透明水彩絵具

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「丘のかぜ」12

2014-11-28 | 水彩画

「丘のかぜ」シリ-ズの続きです。美瑛の丘の絵は、今までに描いた枚数は、正確には分からないけど、50枚以上は描いています。

これは、森に囲まれた美馬牛小学校です。学校の周囲にある森が、目的は分からないけれど、時々変わって戸惑うことがあります。この手前の林も、畑に化けることがあります。

Canson  F2  ホルベイン透明絵具

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小沼

2014-11-27 | 風景

道南の大沼国定公園に隣接する小沼の夕日です。この時期になると、木々の葉が枯れて落ちています。

木の描き方を勉強するには、今頃から来年の春、新芽が出るまでが最高に良い季節です。葉が茂っていると、幹は勿論ですが小枝も見辛く、木の形と葉の茂みも分かりません。これからの時期が良いから、勉強したい方は、写真を撮ったり、現場でスケッチして、勉強することをお勧めします。

Water Ford 300g  ホルベイン透明絵具

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プリンス・エドワ-ド島5

2014-11-26 | 水彩画

今日も、プリンス・エドワ-ド島の絵になりました。

この島の風景に魅せられています。

雪原の雪と夕暮れを、前面にシルエットになる家と木々を入れて描きました。

Water Ford 300g  ホルベイン透明絵具

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プリンス・エドワ-ド島4

2014-11-25 | 水彩画

プリンス・エドワ-ド島は、島在住の作家ル-シ-・モ-ド・モンゴメリによって、作られた物語「赤毛のアン」で有名な島です。

NHK朝ドラ「花子とアン」の物語にも登場しました。自然に恵まれた、美しい風景の島です。

初冬の頃、三角屋根の家がある風景です。

Water Ford 300g  ホルベイン透明絵具

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

夕暮れの道

2014-11-22 | 水彩画

日没の寸前の情景です。根雪にはまだ早い、けれど寒くなって来ました。

枯葉が木から落ちて、丸裸になった木の枝が良く見えます。この時期の木を多く描いていますが、順を追って枝を描いていません。順を追って描くと、目をスケッチブックから離して次の枝を見ると、今まで描いていた枝が、何処だったか探せませんから、枝は雰囲気を掴んで適当に描いています。

 

Water Ford  300g  ホルベイン透明絵具

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戸井海岸の夜明け

2014-11-19 | 風景

9月初め頃にF2号でアップした絵が、お嫁に行くことになって、お客さんの希望でF4に描き直したので、色を多少変えているのでアップしました。

Water Ford 300g  ホルベイン透明絵具 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遠い道

2014-11-17 | 水彩画

朝日に霞が薄っすらとかかり、哀愁が漂う景色を遠近感を強くして描きました。

      私が、僕が、辿り着く所を求めて、彷徨いながら歩いて行く遠い道。

 

ARCHES 300g F6  ホルベイン透明絵具 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バイクロ-ド

2014-11-14 | 水彩画

市内の住宅地にある自転車とウオ-キング専用の道路です。

この道路は、太平洋戦争中に作られた道路で、戦後30年ほど放置されていました。今は市民の健康のために開放されています。

Canson 300g F2 ホルベイン透明水彩絵具

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加