天使とエネルギーはお好き?☆

鑑定士・パワーストーン作家です。宜しくお願いいたします^-^

やってらんな~いと感情を噴き出してもいい☆

2017-05-17 10:39:02 | スピリチュアル
昨日、一日、色々と頑張りました。

近くの神社に行き、お参りをし、目立った草を抜いたりしてプチ御奉仕。

洗濯機3回回してベランダいっぱいに干して、掃除機かけて、

必要なものを買い、子供を塾に連れて行き、昼寝して、自分のために半額の300円寿司を買い、

こどもがご飯まだいいみたいだから、コソッと一人で食べたり(笑)


なんやらかんやら、自分なりに楽しみながら頑張っていたのですが、

長男が帰ってきた時から雰囲気は一変。


長男は長男で、自分に厳しいところもあるので、自分のいたらなさと、他人から言われた言葉に憤り、

それをわたしに話すのです。わたしがちょっと言うと、

「溜息・・そういうことじゃないんだって。自分のこと(怒)」と偉そうに言い、負の空気をまき散らす。


これ、相当前から同じ劇場を繰り返しているんです。

わたしは、このたびに、優しく聞いて、励ましてきた。

ご飯のときに1時間くらい、じっと聞くこともしてきた。


だけど彼は、本を渡しても、こちらがヒントを出しても、全く読もうとしないし、

受け止めることもしない。

ただ、同じところを堂々巡りしている。

そして、帰ってくるなりスマホゲームをして、負けて、また怒る。




はあ?





母親だから・・という枠が取れてしまいました。

人は、みんな頑張っている。頑張っていない人なんか、いない。

それぞれの現実に向き合いながら生きている。

もう勝手にしろ。あたしは疲れた。


そして、久しぶりの感情。


やってらんない。


そう思ったら、そうそう。やってらんないと思っていいんだよと心から返答がありました。


子供の前でも良い子ちゃんするの?子供はそれを望んでないし。



9時50分で、誰もお風呂に入ってないけど、

勝手に入るよね~。パパは飲みだから、わたしは早々に寝よう。

好きにしな~。



と思いながら、


「片付かないんだから早く弁当箱出しな。

こっちだって台所を早めに終わりたいんだから。

いつまでもグダグダ仕事したくないんだよ!!!!」


と強めに言い放ち、耳栓をしてパソコンを見てました。


そっちが毒を吐くなら、こっちも吐く。

これで対等だろう。これでいいのだ~。


ケセラセラだ~。


なんて思っていたら、主人が帰宅。


何も知らない主人は、にこやかに部屋に入ってきて、

わたしは愛する主人だけに今日あったこと、次男の塾のことを楽しそうに話しました。



すると、そのプラスの気につられて、次男も長女も面白そうに話し、

ついには長男も乗ってきて、楽しそうに一家団欒の巻。


なにこれ。




なによこれ。




いいじゃな~い。




何に気付いたかというと、

わたしは昨日、自分の感情を大切に護ったんです。


自分の感情を押し殺して、人のために・・としなかったんです。


自分の魂が、理不尽に言葉や態度で傷つけられることを許さなかった。


子供であっても、目には目を。

同じレベルに落ちて、長男に、いいかげん、お前のその態度はないぞと表現してみた。


それは、社会でも同じこと。

出来ることはするけど、これ以上は自分が傷つくと思ったら、反旗ひるがえして一瞬戦うことも必要。

その人の鏡になって、みっともなく演じることも必要かもしれない。


たとえ子供であっても、わたしは自分の魂が理不尽な扱いを受けることを許しません。


だけど、出来ることはする。


今日の朝も、観音様を思いながら、寝ている長男の肩の手当をしました。

寝ている夫の足のマッサージをしました。


波動を上げるってことは、そんな感じでいいと思うんです。


一番大切なのは、自分の中の中庸を大切にすること。

他人にぶらされるのを許さないこと。


そして、親切に生きること。


そう思いました。



今日も良い日になります。

読んでくれて、有難うございます。感謝します^-^/



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 色んなことが仕事になるんだ... | トップ | 最近の気持ち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。