オヤジの弁当箱

日々の手作り弁当だけが生甲斐のしょぼくれオヤジ。弁当メニューと併せて日々の雑感を付記。

弁当事始め

2017-01-04 | Weblog

1/4(水) 今日が今年初の弁当作りとなる。斬念ながら、その記念すべき事始めの弁当が一つとは・・・・。とは云いながらも、事始めの弁当である。

今日は年末に頂戴した福井産のお米を炊くことにした。敬意を表して土釜にて炊く。初めての米は水加減の塩梅が難しいのだが、そこは長年の勘と云うやつで・・・・。

                             

菜の方は、年末に買ってある牛小間、これを炒めることに。付き添いは、スナップエンドウとタマネギで、これを塩胡椒で炒めた。旨い牛小間は塩胡椒でいいのだが、今日のやつは値段の割には旨味が少ない(日山も味を落としたか?)。そこで、取って置きのプルコギのタレを使うことになった。不思議なことにこいつが入ると、どんな肉でもOkの味になるのだ。

魚系は自家製の粕漬け「ギンダラとホタテ」を、アルミホイルに包んでフライパンで蒸し焼きにした。後は、定番の卵焼きを出汁巻風に。そして昆布佃煮をお供にする。

                              

以上であるが、ご飯の方は炊きあがりを見て水が多かったかと思いきや、混ぜて暫くするといい塩梅であった。味の方は、コシヒカリの割にはあっさりとしている。家人曰く「福井のコシヒカリは冷めた後で粘りがある」とのこと。彼女の地元だからね!

                             

と、斯様な次第で今年の初弁当は淡々と出来上がったのである。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年末始の過ごしかた | トップ | 仕事始め&飲み初め »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む