オヤジの弁当箱

日々の手作り弁当だけが生甲斐のしょぼくれオヤジ。弁当メニューと併せて日々の雑感を付記。

ホワイトデ―

2017-03-15 | Weblog

3/15(水) 昨日のお昼、日本橋の三越デパートに行った。目的は二つ、その一つが表題のプレゼントを見繕うことであった。会社から昭和通りを横断し、三越方向へと凡そ五分、コレド室町の地下街に下りて銀座線・三越前駅を横目に過ぎて三越本店の地下食品売り場に入った。

其処は紺・黒のスーツ姿の野郎どもが、狭い売り場売り場に列をなしていたのだ。「なんだ!これやぁ!」そのものの様相を呈していた。義理チョコの世界は、この日本橋界隈では廃れてなかったことを如実に表していた。

かく云う小生は、家族や飲み屋で頂戴したチョコのお返しが殆どだが・・・、それでも一応はひとり一人の顔を浮かべて、何にしようかと考えた。おサイフと相談しながら二品に絞って購入。その後、16日からの帰省用に、従兄姉達への土産品を見繕って送った。

日本橋コレドの地下を抜けて表に出ると「おかめ桜」が咲いてる通りに出る。この桜の花弁は小さく下向きに咲く。色は緋色で沖縄の桜を小さくしたような趣がある。毎年二月の半ばぐらいから咲きはじめるようだ。そろそろ終わりに近い、花びらが路上の隅に溜まっていた。

                           

会社に戻ると直ぐに外出の時間が。三時から五反田の旧逓信病院で受診することになっていた。一月前、咳が酷いので受診したが、その結果などを聞くためである。予定通り病院に着き、診察室に入るなり「肺活量の検査を受けて下さい」だった。その上で診察しますとの指示。肺と心臓は弱いのよ、これは重々承知しているが・・・・。

検査の結果、それ程悪区はない。一応は合格レベルと判明・・・と、自己判断した。診察室に戻り受診すると、肺活検査のデータを見たDrは、「喘息の傾向がありますね」と云う。そんなことは承知しているから受診してんだ!と、言いたいとこは胸に仕舞い『そうでしょうねぇ~』と、子羊ならぬオオカミのような声で応えた。

「もう一度レントゲンを撮りましょう」との指示で、再度検査室へ。正面と右側のレントゲンを撮った。再度診察室へと、今度は前回撮影のものと比較しながら聴診、「肺の変化はないですね。生理検査の結果は特に異常はありません。CTの右肺の下の陰が、なにか分らないので、五月の連休明けにもう一度CTを摂りましょう」と、なった。そして喘息用の薬(ステロイド系の吸引薬)を二か月分処方されて放免となった。

この間、一時間強。次の予定は6時で、渋谷「奈加野」にて、後輩たち五人との懇談会である。時間に余裕があるが、会社に戻り往復する時間はない。五反田駅からバスで渋谷に向かうことにした。電車なら目黒~恵比須~渋谷なので、五分強と僅かな時間だが、ぐるぐると廻って向かうバスは50分程を要した。

店に着くと、EBISUIが早々と手酌で燗酒を飲んでいた。「五時半からやってます」と、毎日が日曜日の優雅な男は余裕しゃくしゃくの体である。二人で先に飲んでいるうちに、YOSHINO,一日500円男のHAMANO、SAKAMOTOと続き、最後に一関市から上京中のCHIBA君が豊かな頭髪姿を見せた。

日々の暮らしや最近の状況、親の介護などあれやこれやで時間は過ぎていく。仕事をしていないのは、EBISUIとCHIBAの二人、後は未だ職に就いている。四十年以上も前に、津田沼の独身寮で、同じページに色を塗った仲間である。会社は同じであっても、年齢はもとより、職種や業務の内容、歩んできたコースも異なるが、同じ釜の飯を喰って以来、交流を重ねている。

誰かが「不思議なことに、未だ誰も欠けてないよね。高校の同級生で仲間だったのが二人も亡くなったのに」と言った。『そろそろ欠けるのも出るさ。俺が一番に行って皆の関を取っとくよ』と、すると「殺しても死にそうにないのがARISAWAさんどよ」と、世辞を云うやつが。

                          

こうして古い仲間と会えるのは楽しいものだ。後二人いるが、一人は広島だし、近場に会社があるYは、ほんの数年前に若いのと再婚してから疎遠になった。別れた奥さんのことは、結婚前から、皆で一緒に遊んだ仲間だったからな…、触れられたくないんだろう。別れたと知った時は、残念がったよ。

そんな諸々の思い出を語り合っているうちに、店主が顔を出して座りこんだ。『焼酎入れてやれよ』と云うと、すっかり仲間に入った。「俺の実家が銀座とすると、ARISAWAの実家は八王子だな」と何時ものセリを吐きながら、お開きまで喋っていた。オヤジ、それやぁ目くそ鼻くそを笑うと、云うんじゃねぇか、と悪態をついてやったが・・・・。

店を出ると、小雨が降りだした。何時もよりは人通りが少ないセンター街を駅の方に向かい。ハチ公前交差点の信号で「またな・・・」と、散会した。

 

今朝は、五時に一旦目が覚めた。これじゃ早すぎると蒲団を被ったが、次に目覚めたのは七時に十五分前。これはちょいと遅すぎるが、覆水盆に戻らずだ。

今日は家人用の一人分なので、時間も余裕十分。確か昨晩の帰り、弁当用の菜を東急ストアで買ったはずだだが?ホウレン草と椎茸。他に何を?暫く思い出せなかつた・・・・。

今日のメニューは、たしかホウレン草と椎茸のバターソテー、ブロッコリ・アスパラ・スナップのサラダ、菜花のお浸し、乱切り茄子と豚薄肉の素揚げのポン酢味、卵の出汁巻。なんか変だな?メインになるものがない。おかしいな~・・・。

てなことをしているうちに、漸く思い出した。生鮭のソテーだ、これ用に小ぶりの生鮭を昨夜、買ったのだ。ホウレン草と椎茸は、メインに添えるのだ!

本当に馬鹿だね、痴呆症・健忘症、ボケオヤジそのものだぜ。最後になって漸く思い出したが、これじゃ先が思いやられるな・・・。鮭を冷蔵室から取り出して軽く塩胡椒を振る。四切れあるので、二切れには小麦粉をまぶす、後の二切れはそのまんまソテー。オリーブオイルとバター、醤油をほんのひと垂らし・・・・。ハイっ、完成である。

                                      

今日も菜を弁当に詰めるに一苦労、押し込み押し込みになった。ちょいとイカンザキだね!

                           

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心配していたことが・・・ | トップ | 西表島Ⅱ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事