オヤジの弁当箱

日々の手作り弁当だけが生甲斐のしょぼくれオヤジ。弁当メニューと併せて日々の雑感を付記。

準備疲れ

2016-10-18 | Weblog

10/18(火) 明日から「べったら市」の祭りが始まる。恵比寿寶田神社と椙の森神社の祭りだが、江戸の昔からベッタラ漬けを売る屋台が並んだことから、通称でベッタラ市と云うようになったようだ。その祭りに、屋台を出すようになって、早や十年になろうか。

商売ではないので採算は問はないようにしているが、それでも黒字になると嬉しいのだが・・・。未だ黒字になったことはない。お客さんに喜んでもらい、スタッフが祭りの気分を楽しんでくれたら善し、と割り切っている。

今朝は築地市場へと食材(牛蒡・人参の笹掻や剥き栗等)の買い出しに。出社後、午後一に情報誌の件で某社を訪問。これが難題で、これまでの内容と百八十度変わり、紙面も四分の一になる。こちらとすれば、オーダーされたことをやるだけのことだがガックリである。そんな重い気分で三越前駅に戻り、コレド室町の地下で遅いランチを摂った。

ランチは「牛カツ」にした。前から気になっていた店で、短期の出店スペースのような場所に店が出ていた。日頃ランチは省略しているのだが、重い気分を変へるストレス解消法だ。一番安い牛カツ定食(1300円)を注文したが、飲み物どうされます?と問われた。この際だ・・・、気分転換にと生ビールをオーダーした。社に戻ってからは人に会う予定もない、あるのは明日に向けての仕込みだけだ。

牛カツの方は柔らかで旨味があった。この値段で?と、よくよく品書きの横に書いてある説明を読むと「牛脂を混ぜて旨味を出しています」とあった。柔らかくて当然だ、合成肉なのだ。急に有難味がなくなった・・・・。

                            

                          牛カツを鉄板で焼くのだ!

帰社後はひたすらに仕込みに励んだ。猪肉、鹿肉を切り分けて鍋や、猪汁ように仕込んだ・・・、二時間ほど煮込んだが、未だ味が落ち着かない。大丈夫かな?

本番が始まる前に、すっかり疲れてしまった。明日は、米を三度は炊可なくてはならぬ。栗飯と土佐風五目チラシ、オムスビ用の三度である。スタッフの賄い用と、知り合いに渡す分だ。そして、四方竹をおかず用に煮る。これだけでも結構草臥れるのだ。今夜の酒は軽めにして、明日に備えよう・・・・。

 

で、今朝の弁当だが。築地への買い出しがあっったので、手抜きも良い処だった。鶏肉と蒟蒻・人参の煮物、茄子と挽肉の味噌炒め、冷凍のチキンカツ、小松菜の胡麻和え、鮭&塩秋刀魚焼き、ご飯の方は三色飯にした。

                         

 

昨夜は五日ぶりの人形町パトロールだったが、「ローカーボ」軽く飲んで帰ろうとしたら、HOYA兄いと悪徳不動産ことマッチャンが現れた。いや~久しぶり、と挨拶の後、「ちょっぷく」へ。「ちょっぷく」もベッタラ市に屋台を出すようになり、そのメニューをデザイナーのYOSHIOが作ってやっている。その関係で、YOSHIOが店に顔を出すことになっていた。

店に着くと、YOSHIOは既に来て居り、所在なさ気に独りジョッキを抱えていた。俺の姿を見ると、急に元気になりやがった。HOYA兄いも来て、座が急に賑やかになった。

YAMAちゃん店長も席に来て、HOYA兄いに歌の指導を始めた。客の姿は少ない時間とはいえ、未だ十人やそこいらは残っていたがお構いなしだ。「夜明けのブルース」の一節を、- このグラス飲み干したら帰ると - 帰ると のとこ、そこは下がるんだよ。手振り身振りだ・・・。

                           

                          歌合戦のYAMAちゃんとHOYA兄い

そんな夜だった所為か、夢見の方は ―ちょっぷくのチケットを買ったら、なんとゴールドカードが三枚も入っていた-そんなこと有る分けないのに、お目出度い夢であった。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋桜&鮎 | トップ | ベッタラ市始まる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む