13トリソミー 陽花の記録

すべての幸せが君のものであれ

誕生

2017-03-07 23:15:33 | 陽花の記録
■誕生

そして迎えた出産の時、陽花は何とも上手に生まれてきた。予定日の2日前、不規則な陣痛で診察してもらうと破水しているとそのまま入院。初めてのお産で「まだまだですよ。」と言われ、私も覚悟していた。けれども病室で待っている間にあれよあれよと言う間にお産が進んで、お腹の中で激しい動き。

これはおかしいと思ってナースコールすると看護師さんが来てさあ大変。もう生まれる寸前!車イスで分娩台に駆け込むと同時に陽花誕生。何とも言えない解放感に満たされた。夫が側で手を握ってくれた。「生まれた!」「生まれた!」と2人で感動。
実はこの時、隣の分娩台で同時に生まれた赤ちゃんがいた。その子の産声に陽花の小さな産声はかき消されてしまってよくわからなかった。が、無事に産まれたのは違いない。夫が「よくやった。」とほめてくれた。

2002年6月15日、午後7時49分、陽花誕生。体重2422グラム。身長49センチ。胸囲28・5センチ。頭囲30センチ。正常分娩。アプガースコア9点。分娩所要時間52分。でありました。(母子手帳より) 


『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生命(いのち) | トップ | 初対面 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

陽花の記録」カテゴリの最新記事