13トリソミー 陽花の記録

すべての幸せが君のものであれ

再度の試練

2017-03-07 23:31:21 | 陽花の記録
■再度の試練

ところが退院も近いと思われるなか、その前にと受けた聴力検査(ABR)の最中に再び舌根沈下を起こした。検査中、動かないように眠たくなるシロップを飲んでいた。看護師さんのすばやい対応で呼吸は回復したが、しばらく酸素吸入を受けた。
呼吸は姿勢で(仰向けにしなかったら)大丈夫と言っていたN先生は、熟睡したらまた舌が落ち込んで呼吸困難になる恐れがあるといって慎重になった。退院にはもう少し時間がかかるかもしれなかった。

NICUには赤ちゃんが入ってきては退院していく。「おめでとう」と見送る度に、うらやましい気持にもなった。出来ることなら、普通に笑って、喜んで、何の心配もなく帰りたかった。ふいにそんな思いが込み上げてきた。
もし、誕生の瞬間からやり直すことが出来るなら…とも思った。今思えば、それはわが子を愛し、わが子の健やかさを願う親として、「できることならこうありたい!」という自然な願いや希望であって、わきあがってきてもおかしくない気持ちだったと思う。だが、その時はそんな風に思う度に自分が陽花を否定しているようで、辛くなさけない気持になった。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すくすく陽花 | トップ | 生後1ヶ月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

陽花の記録」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。