13トリソミー 陽花の記録

すべての幸せが君のものであれ

未来は未知

2017-03-07 23:48:38 | 陽花の記録
■未来は未知

そうなのだ。陽花はこんなに元気なのだ。これから先、どんな症状がでるのかも、どんな経過をたどるのかも、分らないのだ。未知なのだ。だから、そうであるなら、最大限の可能性・希望を思おう。そこへ向かっていこう、と。
何しろこの先のことは分らないのだから。ひとりの子どもの未来を、統計や平均で決めることなど出来はしないのだから。もしかしたら、陽花はみんながビックリするほど「13トリソミーでもこんなに元気なんだよ!」という実例になるかもしれないのだから。

そんな風に思った。やはり心は揺れていたが、陽花の元気さは既に目の前にある実例だった。それを信じて、陽花の生命力を信じて、前を向いて進もうと思った。(また後日、13トリソミーでも元気に成長されているお子さんもたくさんおられることを知り、どれほど勇気づけられたかわからない。)
実際、親のショックも激しい動揺もももともせず、陽花はすくすくと育っていた。最初はとまどっていたホッツ床にも慣れてきた。退院に向けての準備が始まった。ホッツ床の管理と授乳、吸引の練習。自信を持って自宅に帰れるようにと、一般病室での母子入院を勧められた。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 告知 | トップ | NICU面会ノートより »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

陽花の記録」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。