13トリソミー 陽花の記録

すべての幸せが君のものであれ

初対面

2017-03-07 23:17:50 | 陽花の記録
■初対面

誕生後、さて、赤ちゃんは…助産師さんに身体をきれいにしてもらっているようだ。夫がデジタルカメラで撮った画面を見せてくれる。それが陽花との初対面。「かわいい~!」
けれども何だか時間がかかっている。
先生が夫を呼んだ。何かあったのか?ささやくような話し声。異変を確信した。少し間をおいて、先生が赤ちゃんを抱いて私の側に連れてきた。

やっぱりかわいい!私の目は白いタオルにくるまれた陽花に釘付け。目もぱっちりあいて見つめられているよう。先生が「説明します」と言って、口の中の天井がないこと(口蓋裂)と多指(左手と左右の足)を見せてくれた。けれども不思議とショックはなかった。

「それがどうだっていうの?」と言う感じ。ただ目の前の陽花を愛しいと思った。それ以上なにもいらなかった。妊娠中に“異常”を示唆され、心のどこかで「もしかしたら?」と思い続けていた自分がいた。だから逆に「な~んだ、そんなことか。」と思った面もあったのかもしれない。
そうして先生の説明を聞いて、初めてこの手で陽花を抱いた。ただただうれしかった。新しい生命の誕生と喜び―。至福の時間だった。


『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誕生 | トップ | 最初の試練 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

陽花の記録」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。