13トリソミー 陽花の記録

すべての幸せが君のものであれ

お別れ

2017-03-08 00:50:05 | 陽花の記録
■お別れ

 帰宅したその日、そして翌日は家族だけでゆっくりと家で過ごした。しめっぽいのは嫌だった。お花屋さんで「普通お悔やみには使いませんよ。」と言われたが、バラやガーベラや明るくてかわいいお花をいっぱい選んだ。
 出産祝いにもらったおもちゃのジムも組み立てた。夫が陽花のために選んだ80サイズのピンクのスーツもだした。何人もの方から頂いたお花、おもちゃや洋服に囲まれて、陽花は今にも起きだしそうだった。

 陽花のいとこのRちゃんが陽花のために自分のおもちゃをひとつ持って来てくれた。その4才のRちゃんのおかげで、みんなで笑ったり泣いたり…陽花も交えた家族団らんを味わった。順番に陽花を抱っこした。
 お別れは私たちの親兄弟だけでつつましくした。お坊さんも戒名も霊柩車もない、手作りの温かい心のこもったお別れ。陽花はISSINの音楽とお花につつまれて、私たちの車に乗った。あなたにふさわしいお別れだった。

 陽花がお腹にいることがわかった時に、お腹の赤ちゃんのためにと友人が「生命―いのち―」という曲をプレゼントしてくれた。その曲をお腹の中で聴いて陽花は育った。そして陽花という名前は、この曲を聴いて心に響いた歌詞の「太陽」からもらったものだ。
陽花は私たちにたくさんの喜びと、とびきりの幸せを運んで来てくれた。あなたは太陽だった。幸せをふりそそぐ太陽。そう、過去形ではなくて、あなたはずっと私たちの太陽。
 
▼生命 ―いのち―  by ISSIN
どんな夢を見ているの 
  そこにはまだ未来しかなくて
どんなことを感じるの 
  そこにはただ愛情しかなくて

ねえ、おおげさな 僕はそれを 
 宇宙のはじめに たとえてしまう 

どんな音が聞こえるの 
  優しい声 魂の鼓動
何を求め何をする 
  無限大すら ちっぽけに思える

ねえ、単純な 僕は言葉 
  選ぶことさえ 忘れてしまう

全ての幸せが君のものであれ 
  消えることのない愛あつめて
昼も夜も輝く太陽であれ 時をこえて

全ての幸せが君のものであれ 
  消えることのない愛あつめて
幸せをふりそそぐ太陽であれ 時をこえて
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悲しい帰宅 | トップ | その後 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

陽花の記録」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。