13トリソミー 陽花の記録

すべての幸せが君のものであれ

最初の試練

2017-03-07 23:20:09 | 陽花の記録
■最初の試練

 その後、陽花は新生児室に、私は病室に移った。なんだか興奮して寝付けない。うとうとと眠りかけた頃、看護師さんが来て「起きられますか?」と聞かれる。
車イスに乗ってまた分娩室へ行く。先生が神妙に説明される。陽花が呼吸困難・チアノーゼを起こしたので、小児科の先生に診てもらって一般の新生児室からNICU(新生児集中治療室)へ移動するという。その前に「抱っこしてあげて。」と言われた。

もうチアノーゼから回復して寝ている陽花を看護師さんが抱かせてくれた。やっぱりかわいい。でも、どうして?そんなに大変なの?本当に移す必要があるの?疑問と心配が込み上げる。が、ここはまずは医者の判断に任せるしかないと了解した。

 その後、深夜に駆けつけてきてくださったのが小児科のN先生だった。陽花の主治医としてそれからずーっとお世話になった若い女性の先生だ。その時はそんなお付合いになるとは想像もしていなかった。「まずは診察・検査しますから。」と言われ、陽花は同じフロアのNICUに移った。夜中の2時頃、夫に電話をした。夫はまだ起きていた。ずっと眠れなかったようだ。陽花と離れた不安の中で再びベッドに入った。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初対面 | トップ | 面談票 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。