折り鶴の憩い

日々の想いを・・

「福井の仏像」展と晩秋の「養浩館庭園」へ

2016-11-19 17:30:21 | その他
昨日は久しぶりの青空。
朝の気温は低かったが、次第に暖かくなり晴れ上がり気持ちいい外出に絶好の日だ。

以前から気になっていた福井市立郷土博物館の「福井の仏像」展、23日までだったかな。
今日がチャンスと自転車で、出かけた。
   
70歳以上は、観覧料は無料。それだけでも無いだろうが、シルバー族が多かった。
入口の前に立つと、大きな仏像「大如来坐像」。どっしりとしたお姿に、手を合わせる人も。
室内には、34体の仏像。殆どが平安時代に造られ、福井平野の寺院に祀られている。
普段は比較的暗い所に収められているので、お姿を詳しく拝観できないが今回はじっくりと。
観音様の左手に蓮の蕾。薬師如来の左手には、薬壺・・・
観て廻る内に、大きな安らぎの中に入れたような感も。

御泉水公園をはさんで隣は、国名勝「養浩館庭園」。
毎年紅葉の頃に来園するのだが、今秋はどうだろうか。
西門から入ると、紅葉のトンネル。
そこで妙な枝を見つけた。わずか残っていた葉っぱは赤いが、何の木だろう。
     
あちこちと人々のかたまり、関西からの観光客グループも。
日当たりの良い所は真っ赤だが、下に行くほど緑が増す。
それに、木のてっぺん近くの葉は枯れかかっていたり。
時期が早いのか遅いのか、わからない。
     
お茶屋の「御座の間」で、一休み。
そこから眺める「築山」、やはり美しい。池には鯉が遊んでいる。

外柵で見かけた「ドウダンツツジ」、晩秋に似合う燃えるような茜色。
     明るい気分で、自転車置き場へと。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝ドラ「べっぴんさん」を、... | トップ | 柚子の秋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。