ゆみこの『邁歩如猫行』

街で見かけた猫のこと、太極拳・中国武術のこと、日々の雑感を気が向いたときに書き綴ります。

虚構が現実よりまさる世界

2016-10-15 23:36:55 | 太極拳
先日、見たテレビ番組で、視覚が現状認識を混乱させる事例が紹介されていた。

映像の画像では人がVの発音をしている。しかし同じ映像の音声ではBの発音を流す。目をつぶればBの音だとはっきり認識できるのに、画像を見ながら音声を聞いているとVの音を発しているように錯覚する。画像(虚構)が音声(現実)より優位に脳に作用し、脳はすっかり騙されていると言う話だった。

太極拳の起勢で両腕が上がって行くときも、力のベクトルはあたかも上であるように見えながら、実際には五指を前方に差し込んでいて力のベクトルは前方だ。視覚と力のベクトルの違いが技の受け手に錯覚を生み、小さな力でも大きな作用をもたらす要因の一つになっているのかもしれない。

と、テレビから流れるVとBの音を聞きながら思っていたのだった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 骨格筋 | トップ | 豆苗 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。