ゆみこの『邁歩如猫行』

街で見かけた猫のこと、太極拳・中国武術のこと、日々の雑感を気が向いたときに書き綴ります。

うわべだけ真似しても

2016-12-07 16:49:42 | 日記
クヴェヴリワインを作るとき、ブドウの実、皮、種だけでなく、柄の部分も一緒に甕に入れるとの説明を聞くと、日本人の醸造家からは驚きの声。

ただし早速、うちでもそうしようとするのは間違いのようで、本場ジョージアの醸造家によると、茎も入れるのは原料となるブドウの長所と短所を熟知したうえでのコツだった。うわべだけ真似しても、本質を知らなければ裏目に出るもののようだ。

己を知る、物事の本質を見抜くと言うのは、ワイン醸造に限らず、どの分野でも共通だ。醸造家同士の話を聞いていると、太極拳と重なる。

グラスの中で黄金に輝くクヴェヴリワインはまさに伝統と知と経験の結晶である。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 爪もみは国境を越える | トップ | 固い結び目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。