アサギマダラの迷足譜

園芸・三次北部の自然・囲碁などの趣味についてのグチのページです。コメント遠慮なくお願いします。リンクもよろしく

ミドリヒョウモンの幼虫みつけ

2017年05月15日 | 三次北部の自然

カンアオイ畑の中で、ギフチュウとちがう幼虫をみつけました。ミドリヒョウモンというヒョウモンチョウの仲間の幼虫のようです。この幼虫、2014年、2015年と2度、このブログで紹介しているようでした。ヒョウモンチョウの幼虫でネットで調べていると、過去の自分のブログがあったというわけです。カンアオイ畑には、ギフチョウの吸蜜植物のタチツボスミレをたくさん植えています。それをこのミドリヒョウモンを食草としているようです。卵は木に産むので、食草がたくさんあれば、たくさん産むというわけでもなさそうです。この画像では、右上に大きい個体が写っていますが、幼虫自身をみることは、まれです。もっと増えてくれればと思いますが、それも自然のきびしさでしょう。

ネットで調べているとおもしろい記事がありました。このミドリヒョウモンの幼虫とウスバシロチョウの幼虫はにているのだそうです。ウスバシロチョウは毒のある草と食べるので、幼虫にも毒があるようで、小鳥はねらわないとのことです。ミドリヒョウモンは姿をまねてそれにあやかっているようです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 碁力養成全集 | トップ | ギフチュウだより・・・・雲... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (菜の花)
2017-05-16 07:20:43
なるほど。

コメントを投稿

三次北部の自然」カテゴリの最新記事