アサギマダラの迷足譜

園芸・三次北部の自然・囲碁などの趣味についてのグチのページです。コメント遠慮なくお願いします。リンクもよろしく

ハチがクモの獲物をよこどりした

2017年07月12日 | 三次北部の自然

今朝、実家の庭で、草取りをしていると、ハチが蜘蛛の巣にかかった、虫のおなかあたりをつついている場面にでくわしました。クモでは、なくハチだったところがおもしろく写真を撮影しました。つかまっている虫は、コガネムシの仲間でしょうか。ハチのほうは、アシナガバチの仲間のキイロアシナガバチだと思うのですが、はっきりはわかりません。

このハチ、毎年実家の庭のまわりに数か所巣をつくります。それで、草取りや剪定をしているときに刺されたことも何度かあります。しかし、私はハチアレルギー体質ではないので、殺さずに巣のほうは、注意して見守っています。ところが、今年は、まだ一つも巣をみつけていなくて、いなくなってしまったのか、心配していたくらいです。今から刺されるのでしょう。ハチアレルギーの人は、最近話題のヒアリもあぶないでしょうね。

クモのほうは、どこにいるのかは、わかりませんでした。さらに近付いて写真を撮影していると、ハチは逃げてしまいました。すると

2分くらい見なかったと思ったら、今度はクモが獲物をとり囲んでいたでは、ありませんか。やはりこの獲物、最初に見つけたのは、このクモでしょうね。クモの種類は不明です。(手元に、昆虫図鑑がいりますね。)

そのあと、仕事にいったので、次に見たのは、午後12時です。すると、そこに残っていたのは、中身をきれいにとられ、外骨格だけ残ったコガネムシでした。まわりにクモのまきついたようなあともありません。クモの巣は朝よりずいぶんとこわれて、ばらばらになりそうでした。そして、クモの姿も見えません。

想像するに、再び、キイロアシナガバチがきて、クモをけちらして、獲物の中身をいただいたというシチュエーションでしょうか。

                     横取りの くやしさばねに 糸をはる

 明日、もう一度みてみます。クモがいきていれば、巣をはっているでしょう。次回は協力な巣で、このハチを捕まえるかもしれません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マムシ殺し | トップ | セスジスズメの幼虫 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。