アサギマダラの迷足譜

園芸・三次北部の自然・囲碁などの趣味についてのグチのページです。コメント遠慮なくお願いします。リンクもよろしく

カナムグラの芽だし

2017年03月15日 | 三次北部の自然

朝は、うっすらと雪が積もっていました。今年最後の雪になってほしいところです。昼は、少し気温があがったので、栗林の花を探していると、見つけたのは、このカナムグラの芽だしでした。あちこちにありました。このカナムグラ、栗林の周辺の2番目のこまったさんの雑草です。一番はササです。1年草なのですが、成長スピードがむちゃくちゃ早いです。油断していると、7月ころには、もう一面カナムグラになってしまい、刈り払い機で刈りにくいといったらありゃしないものになります。いがいがはあるしで、それで、小さいうちに、除去しておくとらくなのですが、簡単にはいきません。秋には、来年こそはえさせんぞと誓うのが毎年繰り返しています。

調べてみると、カナムグラの葉はキタテハの食草だそうです。キタテハには、少し気の毒なのですが。・・・・・・・

         カナムグラ きだては悪く  食べれない

こういう草をヒトの食糧にすることができれば、食糧難を防ぐことができるようになるかも知れません。今はダメですね。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 碁を辞めたくなる時 | トップ | カタクリの芽生え »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

三次北部の自然」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。