アサギマダラの迷足譜

園芸・三次北部の自然・囲碁などの趣味についてのグチのページです。コメント遠慮なくお願いします。リンクもよろしく

雉の卵

2017年06月22日 | 三次北部の自然

この前から、栗林付近で、雉のオスとメスを頻繁にみていたので、ひさしぶりに栗林で雉が産卵する期待をもっていたのですが、産卵したのは、隣でした。そこは、ヒノキの幼苗を育てているところなのですが、少しだけ、野菜を植えておられたのです。それが、ヒノキの世話で忙しく、畑のほうは、ほっておられました。それで、草ぼうぼうになっていたのです。そこは、囲いもしてあるので、イノシシなどははいってきません。それで、雉は大変気に入って、そこを産卵する場所にえらんだのでしょう。

ところが、先週の金曜日、畑にやっと手をつけられたとのことです。そして、雉の巣を発見した次第なのですが、雉のほうもびっくりして逃げたそうです。そこのまわりは雑草をとらずに様子を見ておられたとのことですが、とうとう雉のメスはかえらずじまいだったとのことです。今日、私に相談されましたが、もうあきらめるしかないと宣告しました。雉のメスも、もどろうにも周囲の環境がかわったため、これ以上、卵を抱いているのは、無理と判断したものと思います。雉にはかわいそうなことになりましたが、まだ時間があるので、どこかで、やりなおしすると思います。

                   気にいらん  卵ほっとく  雉いらん

 いらん記事をかいてもおもしろくないので、ワンダーを見つけて、いる記事を書きたいとは思うのですが、なかなか・・・・・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ササユリ辛抱するも | トップ | ニンジンの花 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (tuchie)
2017-06-23 08:58:20
良くある話ですね。自分もかって水田のあぜで抱卵しているのを見つけて巣立ちまで観察したことが有ります。其の後他でも見つけたことが有りますがその時は放棄されました。
毎年これから先若鳥が見られますが今年はいまの時期 番で行動しているのをよく見ますからだめかもしれません。
キジ (アサギマダラ)
2017-06-26 10:23:45
以前より、キジは増えているのでしょうか。よく目にしますから。近くで、急にばたばたと飛び上がるので、びっくりすることがあります。それなのに、写真をとるまで、ちかずかせてくれません。先にキジのほうが気がつくようです。いい写真をとりたいと思っているのですが、ずっとカメラを首にかけておかないといけないようです。

コメントを投稿

三次北部の自然」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。