アサギマダラの迷足譜

園芸・三次北部の自然・囲碁などの趣味についてのグチのページです。コメント遠慮なくお願いします。リンクもよろしく

マムシ殺し

2017年07月11日 | 三次北部の自然

昨日、昼、栗林のカンアオイ畑の草取りをしている時、、草を抜いて、つぎの草をぬこうとしたら、マムシを見つけました。手とヘビの距離は30cmで、むちゃあぶなかったです。もう少し気温があがっていたらやられていたのでしょうか。マムシとしては、まだ小さく、子マムシといってもいいくらいの大きさです。

遺影の写真をとらしてもらって、ブロックをなげて、圧死してもらうことにしました。しかし、即死にはならず、夕方みたところでは、まだ生きていました。頭にブロックがあたっていなかったのでしょう。そのままブロックを積んでおきました。

             どうしよう ま、むしできんぞ 殺すべし

攻撃してこないのに殺すのもかわいそうなのですが、いつ咬まれるかもしれませんし、この子孫が咬むかもしれません。田舎では、殺すしかなさそうです。ネットで調べてみると、ゴルフ場で、マムシと遭遇した人が、殺すべきなのか、相談されていました。都会の人なら、自分からは、殺生をしたくはないでしょう。

この前聞いた話しでは、数年前に知人の息子さんが、マムシに咬まれ、広島の県病院まで、運ばれ、入院治療になったことがあったとのことです。やはり、こわいヘビです。

                    

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カブトムシのメスがスモモの... | トップ | ハチがクモの獲物をよこどりした »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。