アサギマダラの迷足譜

園芸・三次北部の自然・囲碁などの趣味についてのグチのページです。コメント遠慮なくお願いします。リンクもよろしく

小さいアリがカンアオイの種を運ぶ

2017年06月20日 | ギフチョウをよぶ

小さいアリがカンアオイの種を運ぶ

もうほとんど蛹になっていったのでしょうか。今日は、幼虫を1匹も見ていません。ただし、遅れているのもいるので、よく探せばいるでしょう。その中で行っているのは、カンアオイの種とりと種まきです。今年は、例年より、種子が熟すのに10日ぐらい遅れています。昨年早くとって、まだ種の色が白いのは、発芽しませんでした。それで、十分に熟してから種をとりたいのですが、熟しすぎると、アリのほうが、先にとってしまい、残っていないことになります。けっこうむづかしいのです。

それでも、栗林のカンアオイの株は、自然に比べて、たくさんの肥料(マグアンプ)を与えたので、種子もたくさんできていました。ウイルスに感染した病気の株でも種子はできていました。それらをとったら、おそらく5000個くらいには、なったでしょうか。ポットに10個程度蒔いていっても、ポットが500個必要になるでしょうか。こんなに、蒔いてどうなるかはわかりませんが、ここまでするのもあと数年と決めて、頑張っています。

ポットに種を蒔いていたら、小さなアリがむらがってきました。種のエライオソームをめあてにやってくるのです。中には、力持ちがいて、一匹で1個の種を持ち上げていました。

エライオソームの効果はどのくらいつづくのでしょうか。ずっとアリに狙われたとしてはたまりません。少しならわけてあげます。

発芽確認は来年の3月になります。500ポットは、栗林隣の杉林の中に置いておく予定です。イノシシがむちゃくちゃにしないといいのですが・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カエルがヘビを飲み込む | トップ | ササユリ辛抱するも »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ギフチョウをよぶ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。