アサギマダラの迷足譜

園芸・三次北部の自然・囲碁などの趣味についてのグチのページです。コメント遠慮なくお願いします。リンクもよろしく

山梨旅行2

2017年03月21日 | グルメ

日曜日の夜は、山梨県の名物料理ほうとうをいただきました。私は、家庭などで、何回かほうとうを食べたことはあります。しかし、お店で食べたことはありません。今回行った店は、不動という有名店でした。お店が富士山の雲をイメージした外形は、なんじゃこりゃというところでした。連れてきてくれた2年前から山梨に住んでいる息子は、今までにほうとうなるものを食べたことがないそうでした。それで、先輩に聞いて、この店を紹介してもらったそうです。

ほうとう専門店で、料理はこのほうとう以外、これまた山梨県ではよく食べられるという馬刺くらいしかないのです。ほうとうも1種類だけです。大きな、鉄かぶとをさかさまにしたようななべにでてきます。中身はうどんのようなうどんとはまったくちがうものとあぶらあげ、かぼちゃ、はくさい、なめこ、にんじんといったところでしょうか。お肉はひとつもはいっていませんでした。かぼちゃのあまみとみそがきいています。

あつあつでした。体はあったまりますが、食べても食べても中身がなくなりません。だんだんとあせってきます。全部たべきれるのだろうかと、味わうより、思考はそっちにいってしまいました。私は、完食しましたが、二人は残してしまいました。とくに息子のほうは、ショックを受けたようで、みそしるに小麦粉のかたまりがはいった料理という第1印象が強く、もう食べたくないと言っていました。

ネットで調べてみると、本来のほうとうはこうなのですが、最近では、鶏肉や豚肉を入れてだしているお店も多いようです。若者には、そちらのほうが、おいしくたべることができると思います。この不動というお店は、がんこにもお肉をいれないで、伝統の味を守っているようでした。

        本当の ほうとう食べた 息子なり

別に、息子は、広島から山梨に放浪しているわけではありません。山梨県は、東京にも近く、果物もおいしくいいい県です。富士山を毎日みれて、羨ましいですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山梨旅行1 | トップ | 山梨旅行3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。