信州スロウライフ12ヵ月

野菜や草花と暮らす生活

来たよ、来たよ

2017年03月15日 13時36分12秒 | Weblog
先週から今日の天気予報は寒くなり、雨または雪と報じられていた。

昨日までのたったの2日間はやっと低温から解放され日差しに感謝する春を感じる日になった。
少しはこれまでの震えあがる寒さからましになったので雨かなと思った。

今、ふと山側を窓越しに見たらうっと来た。
いつの間にか木曽側からぐんぐん雪雲が発達して駒ケ根方面に伸びていく。

と思ったらこちらにも雪が吹っかけて来た。
見ていても寒々しいぶるっと来る景色だ。


<




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薪を確保

2017年03月15日 12時37分27秒 | Weblog
伊那に移住した際、暖房は念願の薪ストーブにした。
仮住まいの時に原村では寒波と呼ばれる異常低温に冬季は悩まされ
石油ストーブを4つに増やしそれでも温まらず炬燵を買い込み、じっと犬とともに耐えた。
炬燵は暖かいが足から温まるのですぐに強烈な眠気がやって来る。

横になったら最後だ。
建築の進化は暖房には大きな差が出る。
家の中で朝起きた時に原村の時と10度は差が出た。

日中は暖房が必要ではなくなったが、それでも極寒の時期には薪を焚く。
薪ストーブは設置したストーブ会社から手配していたが、運よく移住して2年目に
地元の薪を調達する方と知り合い楢材を届けてもらい、ストーブ会社の赤松とダブルで薪を使用した。。


しかし昨年もう年だからと地元のおじさんは引退する。
ヤット知り合ったのに残念と秋に来年の分まで2年分配達してもらった。
ストーブを使用するまで薪の種類など知りもしなかったが、種類や価格、燃え方に大きな差があり
楢材は硬いが長くあまり高温ではないが燃え続ける。
赤松は早く高温になるがすぐ燃えてしまう。

友人も近隣も今冬は寒かったので用意した薪が足りなくなったと言っていた。
困ったな、再来年からは高い薪会社から購入することになるかと秘かに心配していたところ
近所の農家から声がかかり雑木だが譲ってくれるという。
2軒の農家から割った薪が届いて多分一年は干さなければならないが
家の周りは薪が山積みになりちょっとした裕福な気分になっている。

ただし気がかりは薪の種類により、煤が多かったり、温度が高くならなかったり
あっという間に燃えてどんどん減っていったりする。

今回はにせうるし、あかまつ、すぎ、ひのき、くるみ、さくらなどが届き
どんな燃え方になるのか今年の冬の興味どころである。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ古希ですか

2017年03月09日 15時24分04秒 | Weblog
あと二晩寝ると60代とお別れです。
1昨年、福島の小中学校の同級会で古希の祝いと称して集まったが、数え年齢で行ったので
いまいちピンとこなかった。
3月11日の午後3時に生まれた自分にとって6年前から東日本大震災の追悼の日になり
全国で黙祷をする時間帯になった。

高齢者と言われるようになり、70歳からの自分を想像することもなく60代を駆け足で過ぎて来た。
60から66歳は信州の原村へ仮住まいをして新しい職場に邁進し、退職後半年で伊那に移住した。
マゴがその1か月後に生まれ新居の整理も付かないうちに3年が経った。

昨年は突然愛犬が旅立ち、直ぐに残った犬のがんの闘病になった。
まったくあわわの3年間が経ち、もうそうか私は70歳か・・・・・
年齢を言えばすごくおばあさんと思える。

今後どう暮らしていけばよいか、
子供時代から自分がなく、ふがいないふわふわした考えで生きて来たような自分だが
やっと先が少なくなった今になって分かって来た。

昨年はドキュメント番組で青森県の弘前で森のイスキアと呼ばれる家で30年も
生きていくのを迷った人を泊めて食事して話を聞いて支えて来た佐藤初女さんから食の大切さを学んだ。
梅干し作りとおむすびが印象に残った。
87歳の当時の姿は身ぎれいでうつくしいと言いたい話し方と顔立ち、身のこなし方はこうありたいと思う
お手本である。

そして、東海テレビのドキュメントから人生フルーツのタイトルでつばたしゅういちさん
ひでこさんご夫婦の積み重ねて来た人生から自給自足の毎日を自分もそうしたいと学んだ。

つばたさんの著書は最近出版されて

ふたりからひとり 自然食通信社
ひでこさんのたからもの 婦と生活社

を買い込んで順に読んだ。







1昨年ご主人が旅立ち、一人暮らしの今を聞き語りで綴られているが、88歳になったひでこさん
の生き方、考え方どれもズンと心を打つ。
全国でつばたさんを尊敬していた人々は相当な数だと思われる。

佐藤初女さん、つばたひでこさんの共通は食事が体を作り丁寧に手間をかけて食事を作ることが
健康な体を作っていくことを示している。
お二人とも子供時期に大病をし虚弱児だったが食事が救ってくれた。

私も子供時代に2度死にかけた。
遅まきながら70歳になる前に丁寧な食事をすることで目標が出来た。
畑がある。
自分で土を耕し野菜を作り、梅干しなどの保存食を試み、お日様を浴びて動き回り
時間をかけて体を作る、
なんだか楽しそうじゃないか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加