信州スロウライフ12ヵ月

野菜や草花と暮らす生活

どうしたものか?

2017年05月25日 15時02分14秒 | Weblog
今から5.6年前に新宿の小田急の花屋さんで買った断崖の女王という多肉植物だが
信州で枯れることなく二株に育った。

昨年の秋この女王マニアのブログから種を蒔くと育つという記事を読んだ。
小さな芥子粒ほどの種を蒔きその後の生育状況が記載されていたが、まさかこの寒い
土地で同じようにいくわけないと思っていた。

今年の1月花が咲いた後めしべと雄蕊を受粉して種らしきものが出来たので水苔に蒔いてみた。
そして3月4日に蒔いた後変化がなくやはりだめか・・・・・と思っていたら何と!



びっしりと鳥肌が立つような光景になった。
だんだん伸びてくるその姿。

手の付けようがない。
間引きするにもピンセットでも難しい。
一つ一つが球根のようになりながら育つことを考えるとこの子たち全部の置き場所が無くなる。

さあこれからどうしよう。
新たな悩みを抱えてしまった。

まさか新たな命をポリパックごと捨てる残酷さも持ち合わせていないし
断崖の女王様は南の国出身なのにこの信州の気候を気に入ってくださった模様だが
うへえ~

畑の野菜はぐんぐん育つが家に入ってこの小さな芽を見ると目がしょぼしょぼするではないか。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まだまだ続く手習い | トップ | 久々の雨 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。