信州スロウライフ12ヵ月

野菜や草花と暮らす生活

寒さの中で過ごす時間

2017年01月25日 15時28分16秒 | Weblog
今年の寒波到来のピークは過ぎたらしいが、鳥取などの異常降雪は過去に経験したので
その恐ろしさを想像できる。
暖冬と言う長期予報は温暖化とともに信じられない予報をもたらしている。

地震もゲリラ洪水も大量の降雪も年間を通じていつ被害が自分たちにも及ぶかもしれないとの恐れを
持つような時代になった。

この2週間の寒波もわかっていても震えた。
特に夕方以降の気温の低下は太陽が拝めない日は尚更厳しかった。

やっと今日は外での薪割りもすくまないでできるようになった。

今年の冬の時間はこれまでよりマゴに時間が取られなくなり、さあ何をしようかと
時間の使い方を考える。
忙しく働いていたのが長かったため、自分の好きなように時間を使うという世間様に申し上げる
退職者の時間の使い方にまだなれていないためやや罪悪感を感じる。

それでも今年はクリスマス前から編みものに一生懸命になりマゴや娘夫婦、友人などに毛糸の帽子を
7つ編んだ
そして、マゴの保育園経由のイベントで竹製のバターナイフ作成を経験し、忘れないうちにと家に帰って
3本作った。

毛糸の帽子はこの地域では外を歩くには必需品でありおまけにマスクもしてもこもこスタイルとなる。
地元の手芸品店で教えてもらった作品とNHKの素敵にハンドメイドでおしゃれなおそろいの帽子
というコーナーをたまたま観て編んでみた。

マゴは頭がどんどん大きくなるし、どこに置いてきたかわからないという行動の広さで
常に帽子を探している。
コドモの帽子はいくつあっても良い。

自分の子供時代はセーターやカーデイガンを手編みで編んでもらった記憶はあるが
帽子をかぶった思い出が残っていない。

その反動か、残り毛糸があればすぐに編みたくなる。
昨日ちょうど3枚目が編みあがったときに、帽子がないとムスメが家中探していた。

良かった。
いいチャンスだ。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 骨の経過を追って | トップ | だんだん美しくなる人生 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。