信州スロウライフ12ヵ月

野菜や草花と暮らす生活

ポピー残酷物語

2017年06月22日 21時51分34秒 | Weblog
昨日庭の景色が暑くるしいと記事に書いたら決心がついた。
一日中雨が降り1か月ぶりに雨は十分草花や作物に水気を注ぎ、朝起きたら空気が変わっていた。

気温が上がる前に仕事を済ませたい。
気持ちも変わることなく7時からひたすら作業だ。

真っ赤っかの庭に出てまずは裏手の畑に生えているポピーを抜き始める。
畑の方は野菜が一面占めているのでそのあいた通路などにひしめいている。
まずは1時間で引っこ抜いたポピーは山になり、次は一輪車で堆肥のある場所に往復を何度か。

休憩を取りたいが、こういった仕事は勢いが大事。
顔に汗が流れて来て目に入り痛い。

さあ、難関の庭の方だ。
こちらはホント、群生しており引っこ抜くと2株ほどで両手に抱えても一杯になる。
考えている暇はない。
片っ端から心の中できれいに真っ赤に咲き誇っている花にごめんねと謝りながら
抜いては山に積んでいく。

かくして最後は暑くて倒れそうになりながら3時間で終了。
真っ赤っかの庭はピンクのつるバラだけになり、色物はごくごく減ってしまった。
風通しも良くなり、すっきりしたのは間違いない。

本当は満開の花を引っこ抜き捨てるなど罰当たりでたたられそうだが、なぜか落ち着いた色の庭になって
自分の気持ちも落ち着いた。

来年は配色や配置をしっかり考え、群生しそうな草花の苗は早いうちに淘汰しよう。
気持ちとしては淡い色合いの配色の庭を作りたいが、どうしたものか。

雨上がりの気温30度の中汗で全身ずぶぬれ状態で力仕事をやり遂げ1時に家に入った。
老女、こんな危険な作業は来年はやめておこう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恒例の梅漬け | トップ | 今年の出来栄え »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。