ブログ仙岩

各紙のコラムや報道番組、読書の感想、カメラ自然探索など。

今が旬いわきのみりん干し

2016-11-20 09:51:48 | エッセイ
夜に3度近くまで冷えたときみりんに開いたサンマを浸し、15度にまで上がる日中の天日に乾かすみりん干し。

みりん干しというといわきではサンマのことで、貝やきというとホッキ貝殻にウニを入れて焼いたもの、潮干狩りの相馬松川ではアサリのことである。

昨夜も冷え、今日20日はいい天気でみりん干しつくりは最高の条件である。以前我が家でも、みりん干しを作り食べ、おすそ分けをしていた。その干しかごが3つもある。みりんの濃さが決めてであり、今は、みりんを使わず、酒、砂糖、醤油を使い、各魚店で味が異なる。砂糖の使い過ぎは甘くて御免で食後に不快感が残る。

1日干しで、干物であるが生で日持ちはしないから、冷凍保存して頂く。

干しあがったばかりを買って夕食に3日前頂いたが、味は今一であった。しかし、冷蔵庫にいれて、1,2日おくと味がしみ込んでそれはそれは大変美味しく頂いた。焼き方はガスレンジの水を入れたグリルで身を焼き過ぎず、皮は8秒以内で焼き上げる。今日の夕食に如何ですか。
『福島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 漢字パズルに挑戦 | トップ | 金原瑞人先生のトークを聞いて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エッセイ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL