ブログ仙岩

各紙のコラムや報道番組、読書の感想、カメラ自然探索など。

論語、子曰、吾十有五而志・・・の解

2017-02-12 08:54:20 | 問題
論語為政4、子曰、吾十有五而志于学。三十而立。四十而不惑。五十而知天命。六十而耳順。七十而従心所欲、不踰矩。

(先生)が言うには、私は十五才のとき(学問)によって身を立ようと決心した。三十才で自分の(立場)ができた。四十才で自分の方向に(確信)を持った。五十才で(天)から与えられた使命を(自覚)した。六十才で、誰の(意見)にも素直に耳を傾けられるようになった。そして、七十才になると、(自分)を抑えることを努力しなくても(調和)が保てる自在な(境地)に達した。(孔子)

子いわく、われ十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして迷わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順う。七十にして心の欲するところに従えども、矩(のり)を踰(こ)えず。と音読をお勧めします。
ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 論語、子曰、道之以政・・・・・ | トップ | 論語、子曰、道之以政・・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL