徘徊老人のひとりごと

地球上を徘徊するボケ老人のひとりごと

徘徊老人のひとりごと 熱海日乗(平成28年10月16日、日曜日、晴れ)

2016年10月17日 | 日記
     今朝も
          
          晴れだった。
          
          午後に以前に目星をつけていたキウイを採りに出かけた。
          (写真は以前にブログに載せたもの)
     歩いていたら車が止まり、運転席から「猿が出ているから注意して」と
     報告を貰った。
     星野リゾートの先の日当たりのよい道路に猿が10匹くらいタムロして
     日向ぼっこをしていた。
     子ザルや若い猿が多い。
     去年生まれた猿と今年生まれた猿のようだ。
     道端にはアケビの皮が喰い散らかっていた。
     そうか、ここにアケビがあるのか~~~~。
     来年は猿より先にアケビを採ろう!
     デジカメを持って来なかったことを後悔した。
     猿が襲ってきたら、こちらには枝切りハサミがある。
     猿と目を合わせないように、何食わぬ顔をして、猿の集団のいるところを
     無事通過した。
     歩いていると前方に大きな猿がガードレールの上を歩いていた。
     これがボス猿なのだろう。
     ワタシは道路の反対側に道を変更して通り過ぎた。
     この辺りには猿は日曜日に出没することが多い。
     日曜日は市役所の猿撃退班もお休みなのだ。

   キウイは30個ほど収獲した。
         
         10個ほどを管理人さんにあげた。

    夕方、今日は「6」のつく日なので買い物に行くついでに波止場まで行った。
    なんたることか!
    カタクチイワシがバンバン釣れていた!
    カタクチイワシの大群か回遊して来て、釣り人のエサに喰いつくのではなく
    カタクチイワシの進む方向の釣針が障害物になって引っかかるのだ。
    2・3分バーっと釣れたかと思うとパタリと釣れなくなる。
    そして10分くらいするとまたド~~ッとカタクチイワシがやってくる。
    いつも釣りに来る同年輩の「釣り女」のお姉さんは
    「こんな事は年に何回もない」と言っていた。
    でもバケツ一杯のカタクチイワシ!
    どうするのだろう!!??
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 徘徊老人のひとりごと 熱海... | トップ | 徘徊老人のひとりごと 熱海... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。