徘徊老人のひとりごと

地球上を徘徊するボケ老人のひとりごと

徘徊老人のひとりごと 熱海日乗(平成28年9月29日、木曜日、曇り)

2016年09月30日 | 日記
    どうも天気がイマイチだ。
    今日は雨の予報だが、蒸し蒸しするが雨の降る気配がない。
        
        種から育てた葉ボタンの手入れをした。

    午後からはマンションの前の石垣の雑草取りの続きをしようと出かけたが
    顔やら首やら蚊に刺されたので退散した。

    テレビもガタが来たのか
        
        電波を受信できないチャンネルがあって、
    しょうがないので、今日も読書にいそしんだ。
    今日からはミャンマー(ビルマ)文学だ。
    自分が歩いた国々の文学に親しもうと(ホントか~~~?)
    まずはミャンマー文学で『テインペーミン短編集』(大同生命国際文化基金発行)
    テインペーミンはインドで抗日戦線に加わったり、ビルマ共産党の書記長を務めたり
    した作家だ。訳者はビルマ文学の大家 南田みどり さんだ。
    内乱時代にこの作家がどのように生き抜き、表現の自由を束縛されている時に
    とのようなテーマを選び、書き続けてきたか、
    非常に興味のある作家の作品のようだ。

  夜はインド料理のタンドリチキンを作った。
        
        熱海に一軒しかないスーパーには鶏のモモ肉の大きいのは売っていない。
        販売ターゲットは爺婆まので骨付きでも膝から下(?)のものしか
        売っていない。
        だから、仕方なしにこんなタンドリチキンだ。

   今夜も早く寝たが、夢の中なのかなんだか家電の作動している音がしている。
   夢うつつになんだろうと目を覚まし、夢なのか、それとも現実に家電の音がするのか
   耳をすますと、家電の作動している音だ。
   でも冷蔵庫の音ではない。
   リビングに行って見るとエアコンにオレンジ色のランプが付いており
   作動していた。
   灯りを付け、リモコンで停止ボタンを押しても停止しない。
   いったいどういうことだ!
   ワタシが不在の時にこういうことが起きたら大変だ。
   取りあえず、椅子に登ってコンセントを引き抜いた。
   この現象はなんなんだ!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 徘徊老人のひとりごと 熱海... | トップ | 徘徊老人のひとりごと 怪し... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。