徘徊老人のひとりごと

地球上を徘徊するボケ老人のひとりごと

徘徊老人のひとりごと 熱海日乗(平成28年10月29日、土曜日、曇り)

2016年10月29日 | 日記
       今朝は午前2時半に目を覚ました。
       トイレのために目が覚めたのではない。(笑)
       午前4時までベッドの中で読書をして
       起きだして、今日はパンを作ることにしているので
       パンの仕込みに掛った。
       もちろん、Cookpadのレシピを見ながらであるが、
       実はワタシは和洋菓子、パン屋の息子だったのだ!(笑)
       実家は今はパン製造をやめ、和洋菓子の製造を細々と続けている。
       なので、仕込んでいるうちに、子供の頃を思い出した。
           
          小麦粉・牛乳・砂糖・イースト菌を入れて捏ねてラップをして
          1時間ほど発酵の準備をする頃
          
          雲と雲の切れ間に太陽が昇る気配がして徘徊に出かける。
    約1時間の徘徊から戻り、発酵したパン生地を適当な大きさに切る。
    このパン生地を切る道具はスケッパって言ったな~~と思いだしながら
    スケッパはないので包丁で適当な大きさに切る。
    それを丸める。
          
          手のひらの掌(たなごころ)を使い、回しながらパン生地を丸くする。
          お~~、ちゃんと丸くなるぜ。
          子供の頃、時々手伝ったのが体に染みついているのかな~~~(笑)
      それを
          
          クッキングシートの上に並べて
          
          フキンをかぶせて二次発酵させ
          ガスオーブンの余熱180度にして、10分焼き
          温度を160度に下げて5分焼いたら
           
          あらら!ちゃんとパンができちゃった!
          さすが、パン屋の息子だけあると自画自賛!
     このパン2個で朝食。
     パンはもっちりし過ぎで、まだまだ改良の余地あり、という感じだ。
     もうこうなったら、ついでに、朝食後、リンゴジャムを作った。
          

     毎日が忙しいな~~~~~~~。(笑)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 徘徊老人のひとりごと 熱海... | トップ | 徘徊老人のひとりごと 熱海... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。