徘徊老人のひとりごと

地球上を徘徊するボケ老人のひとりごと

徘徊老人のひとりごと 熱海日乗(平成29年5月16日、火曜日、曇り)

2017年05月17日 | 日記
   調理材料が底をつきそうになったので、スーパーに買い出しに行くことにした。
   丁度、今日は「6」の付く日で老人割引の日だ。
   バイクで10時前にスーパーに到着したが、スーパーはジジババの海だった。(笑)
   大型リゾートマンションや定住型マンション、ライフケアマンションには
   送迎バスがあるから、それらのバスがジジババを満載してスーパーに配達する。(笑)
   スーパーに到着してもそう簡単に下車できない。
   足の悪い人、腰の悪い人、足元がおぼつかない人エトセトラ・エトセトラで
   運転手さんも完全に皆さん降りてしまわなければドアなど締めて発車できない。
   
   スーパーの中はもうた~~いへん!
   一番迷惑なのはジジババ夫婦で来ている買い物客だ。
   だいたいがジジイの方が婆さんの後ろをついて歩いているだけで何の役にも立たない。
   レジの列にも一緒に並ぶから列が長くなる。

   そして今日は火曜日なので「火曜市」の日だ。
   だから、ジジババ以外に中年のオバサンたちも普段より多いので大混雑。
   なにしろ、熱海には大型スーパーは1軒しかないのだから。
   マイカーを持っている人は熱海は混むので湯河原や伊東もで行くらしい。

   レジに30分も並んでやっと買い物完了。
   今度は配達依頼の列に並んでやれやれだった。

   まあ、そのうち、ワタシもヨタヨタと他人に迷惑をかけながら買い物するんだな~。

   夜、なんとなくテレビを観ていてチャンネルを代えたら
         
         また今日も熱海をやっていた。
         アポなしの旅だって!
         ウソつけ!(笑)
         
         ランチタイムが終わっていたけれど、アポなしで特別に作ってくれたって!
         ランチタイムは混むのでランチタイムが終わってからってことなんだろっ!
         イカメンチなんて、そんなに「うまいっ!」と叫ぶほどのもんではないよ!

    このところ、三宅裕司と藤原紀香がテレビやラジオに頻繁に出ている。
    うがった見方をする、三宅裕司座長の「熱海五郎一座公演」が近々始まるので
    「番宣」のためメディアに出ているのだろう。
    で、なんで「熱海五郎一座」と言うかというと、
    三宅裕司の尊敬する芸人の伊東四朗の名前からこじつけて
    伊豆急下田線の伊東の近くに熱海があるのと五郎という名がゴロが良いので
    「熱海五郎一座」と名付けたそうだ。
    これ、NHKに出た時に言っていた。(笑)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 徘徊老人のひとりごと 熱海... | トップ | 徘徊老人のひとりごと 熱海... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。